≫ EDIT

【事件激情】ハラハラクロック!16発目【連続企業爆破】

tocontents18.gif h16title15発目へと戻る18 
h登場人物h20 
h連続企業爆破事件関連年表h22 



「ひとつ、ふたつ……数多くのベトナムをつくるために」@チェ・ゲバラ



h16titleハラハラクロック!2s398

警視庁公安部による捜査は、
公になった記録や被告の手記などからだいたい事実に即してる。

「爆弾本部」も実在した部局である。
が、文書解析班をはじめとする公安部員は、
架空の人物であり、例によってソースは妄想である。

また東アジア反日武装戦線のうち何人かは、
もはや真実を語ることができない。
彼らの会話や思考の多くも創作である。




h16薬剤棚200 
大道寺あや子@薬剤師の働く製薬会社には、とうぜんながら一般人の手に入りにくい劇物毒物指定の薬剤、化学物質が豊富。

電気雷管の起爆剤雷こう@二価雷酸水銀の材料になる硝酸水銀塩素酸カリウムも職場の薬剤棚にある。いちおう施錠されてるが、あや子は資格者として鍵を持ってる。

まさにキツネに鶏小屋の番をまかせてました状態だった。


h16卓上プレス機200 
片岡利明職業訓練校に通い、機械加工の技能を習得。
表の顔で設計助手、そして裏では素人ではむずかしい電気雷管づくり。

東アジア反日武装戦線が高性能な爆弾をつくったのにはこういう裏があった。

ha010300172train_20111125220148.jpg ha010190240taxi.jpg 

三菱重工ビル爆破当日、彼らはふつうに出勤していたが、爆弾本部でじっさいに試してみると、昼休みの間に彼らの職場から丸の内まで行って帰って来られるとわかった。

「昼メシついでに爆弾仕掛けに行って、そのあと素知らぬ顔で仕事を続けたのか」


爆弾本部の描く戦線メンの関係図はだいたい、こんなかんじに。

h16関係図作成200

     佐々木祥氏───┐
       |     |
   ┌──斎藤和──┐ 佐々木規夫   
   |   |   | |
浴田由紀子 黒川芳正 大道寺夫婦─片岡利明   
             └─荒井まり子…荒井なほ子


h14斎藤顔1s200 
浴田敬=斎藤和と判明して、ガラッと関係図が書き換えられたわけで。
爆弾本部斎藤和が実行部隊の指揮官とみなしていた。

だから新宿ルノアールで行われた3人の会合は、
幹部斎藤兵士2人の軍議だった、と解釈。

でもまあ佐々木祥氏をいまだむりやり「最高指導者」にねじ込んで、祥氏規夫斎藤が友だちだからそう考えるんだが、大道寺たちの序列がよくわからんかったり。

h16佐々木兄1s200 
爆弾本部主流派はここまで来ても佐々木祥氏=主犯黒幕にこだわっている。

≫ 続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 04:32 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

【事件激情】ハラハラクロック!13発目【連続企業爆破】

tocontents18.gif h13title12発目へと戻る  h登場人物h20


周囲が熱い状況のなかでそうとらえてしまうことがあるでしょう?

───────────────────宇賀神寿一 @「さそり」
───────────────────公判中、検察官の質問
────「当時はなぜ武装闘争が必要だと考えたのか」に答えて


h13titleハラハラクロック!401

警視庁公安部による捜査は、
公になった記録や被告の手記などからだいたい事実に即してる。

「爆弾本部」も実在した部局である。
が、文書解析班をはじめとする公安部員は、
架空の人物であり、例によって妄想である。

また東アジア反日武装戦線のうち何人かは、
もはや真実を語ることができない。
彼らの会話や思考の多くも創作である。


h12黒川1s200 
さてリーダー三者会議で、間組を狙うにあたって、
黒川@「さそり」的に持ちかけたのは、

h12筆談1s190 
「狼」「大地の牙」社長宅と海外工事局長宅を爆破
「さそり」間組の工事現場を爆破
という作戦案だったんだが、

案を持ち帰った「狼」では、片岡利明「家族を巻き添えはダメだ」と猛烈に反対、

斎藤和@「大地の牙」も「社長宅を下見したら、庭にブランコがあった。孫も同居してるようだ。子どもは殺せない
で、2チームとも「個人テロはやらない」という結論になった。

黒川は2チームの言い分を「生ぬるい」と思うんだが、
あくまで3者は対等という設定だし無理強いもできない。

黒川芳正@「さそり」
h12黒川2s200 
3リーダーで思想的にもいちばんラジカルってて、三菱重工テロで死傷者が出たのも「そのくらい許容範囲だろ」と思ってるし、日帝の手先の家族なんて美味い汁吸ってるんだから別にいいじゃん的な思考回路の持ち主だったから。

じつをいうと黒川、焦ってます。「さそり」デビューの鹿島建設攻撃が資材置き場が焦げただけ、報道もベタ記事だけでいまいちだったんで。
「さそり」メンの宇賀神桐島への見栄もあるしで、挽回したくてしかたない。

今のところ若い宇賀神桐島黒川を大先輩として尊敬の眼差しで見てるけども、じつは大先輩も言うほど経験ないっすなんてバレたらまずいし。

だから今度こそ華々しい戦果を出したかったんである。

h13机上丸メガネs200 
一方──

≫ 続きを読む

関連記事

| 事件激情 | 21:11 | comments:0 | trackbacks:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT |