≫ EDIT

【再掲激情】サティアンズ 最終解 ─終段【地下鉄サリン事件】

title前解へ戻る39  title目次へ39  s00主な登場人物01  s00事件関連年表01 



私は高橋シズヱさんに聞いたことがある。
高橋さんは林郁夫を最も恨みますか」

その質問に対する高橋さんの答えが私を驚かせた。

「いいえ、一番恨んでいるのは警察です

坂本事件のときも、上九一色村の施設建設のときも、
警察への訴えはみな無視されました。もしあのとき、
警察が行動を起こしていたら、地下鉄事件は起こらず、
主人が亡くなることもなかったのです」

サリン事件死刑囚 中川智正との対話アンソニー・トゥー著より抜粋




s30こんばん 
法務省検察公安調査庁内乱罪破防法の適用に向けて動いている」
「与党の一部先生方も後押しにかかっている」
警察庁内部にも同調する者がいる」

s30よそくどおり 
「しかしウチの大臣まで破防法推しとはなあ。君が正しかった。あの先生は本来ハト派のはずだから正直意外だった。よくあの人の心の変化が分かったな」

「資料をふつうに読めば書いてありましたので」

s30できみの 
「で、君の意見は?」

「政治は移り気です。しかし警察はあえて不変、波風から距離を置き粛々と進むべき、私はそう学んできました」

s30ないらんざ0802 
内乱罪破防法なんて冷戦時代の亡霊を今さら呼び寄せても、
オウムのような集団には無意味どころか逆効果です。

いま教団を解散という形でつぶせば、数百数千の信者は散り散りばらばらとなって社会に紛れこみ、全容が分からなくなるでしょう。

s30なにより

なによりそんな冠を与えれば、麻原殉教者に祭りあげ、反体制のカリスマにしてしまいます。信者は結束を固め、より強固な反社会集団となります。

名誉ある政治犯の勲章を、麻原彰晃に与えてはなりません」

s30ただむか0802 
「ただ、昔っから警察はこうやって政治がからむと滅法弱いんですよねー。
政治とまともにぶつかれば遺恨を残します。

となると皆さんの老後の安定も風前の灯火。
だからここでこっそり集まって暗い顔されてるんですよね」

s30しつれいな 
「相変わらず失礼なやつめ」
「まあ、正直その通りだからな。白鳥警視、君の意見は」

「あらよろしいのですか、たかが警視風情の意見で」

s28にんぎょうだ301 
「意見を聞かなければ、君はまた勝手に動くではないか!」

「では、皆さんお望みのようですので披瀝いたします」

s30メロンだ0406 
メロン大好き


「は?」

≫ 続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

| 再掲激情@地下鉄サリン事件 | 18:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【再掲激情】サティアンズ 第二十八解 前篇【警察庁長官狙撃事件】

title前解へ戻る39  title目次へ39  s00主な登場人物01  s00事件関連年表01 



オウムサリンはどうして10人、20人のレベルだったのかな
もっと多く、サリンの犠牲者が1万人か2万人の規模だったら、
別の意味があったのにね

──中沢新一@宗教学者


人が人を殺しちゃいけないという根拠が、
どこにあるっていうんですか!? 
どこにもないでしょう!?

──荒木浩@オウム真理教広報副部長(のちアレフ広報部長)


僕はオウムを宗教集団として見るよりも、
まず犯罪集団として見なければいけないと思っています
とにかく史上希なる人殺し集団である

──司馬遼太郎@作家 立花隆との対談にて
「週刊文春」1995年8月17日・24日合併号




s0#サティアンズタイトル01

1995年3月30日から4月23日までのオウム真理教警察のおもな動きは、公開された情報にもとづく。
登場する公官庁、企業、機関、組織、部局、役職もすべて実在する。
白鳥百合子1107などこの色で示されるのは、架空の人物であり、実在する人物、事件、出来事と架空の彼らの交差する部分は、例によって創作全開ソースは妄想なんであるが、その内容には一応意図がある。
またこの色この形*の人物は仮名である。



s28cptよげんのひけっせん 


1995年3月30日 木曜日 午前8時30分──

警察庁長官撃たれる

s27そげきじけん02 
これを聞いた誰もが、時期も動機も、オウムのしわざに間違いなし、
オウムをぶっ潰せば自然と一件落着、

と思った、

≫ 続きを読む

関連記事

| 再掲激情@地下鉄サリン事件 | 18:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【事件激情】再掲@サティアンズ 第二十七解【警察庁長官狙撃事件】

title前解へ戻る39  title目次へ39  s00主な登場人物01  s00事件関連年表01 
【事件激情】再掲@サティアンズ 第二十七解【警察庁長官狙撃事件】


少し悪いヤツであって欲しかったんだけどね。
会ってみてやっぱりいいヤツなんでショックでしたねえ。

──滝本太郎@弁護士 殺人マシンと呼ばれた男@林泰男と面会して





1995年3月22日 水曜日


s27すいようび

午前7時14分──

s27れいじょうを

令状を見せろー」「権力の弾圧だー

s27ちゃくしゅ 
南青山 オウム真理教東京総本部捜索着手。


午前7時45分──

s27ないぶへ 
静岡県富士宮市 オウム真理教富士山総本部道場

s27しんにゅうせよ

内部へ進入せよ!

s27ぜんだいみもん 
山梨県上九一色村 オウム真理教教団施設

s27だんあつに

教団外報部前代未聞の宗教弾圧にほかならない

s27てれび 
“えーたった今、機動隊サティアンに突入しました”

s27かやく 
迷彩色防護服を着た機動隊が次々と入っていきます”

s27ほろーs27ほろーけつ

教団側の抵抗はいまのところない模様で──”

s27たまごめ

信者数人が、機動隊に抗議をしているのが見えます──”

s27かげ 
s27めせん

≫ 続きを読む

関連記事

| 再掲激情@地下鉄サリン事件 | 20:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT