≫ EDIT

【事件劇場】借りてきた「絶望」。──《伍》

殺戮ゴスロリカップルと女子高生

chmclgrl_convert_200.jpg

 
摂氏零度の少女
 
2007年に発売された、「摂氏零度の少女 (幻冬舎文庫)」という小説がある。

sesshi0do.jpg


著者/新堂冬樹は、社会のダーティ面を身もふたもなく描いたり、なぜか甘甘の純愛小説を書いたり多機能な作家だ。
  
医学部合格間違いなしの美少女女子高生。彼女は動物を次々と毒殺しまくり、ついに母親に猛毒タリウムを盛り、日に日に衰弱していく母親の様子を冷ややかに観察し──。
  
2005年秋に起きたあの事件がモデルなのはまあ明かすまでもなく明らか。というより実録物かってくらい、いろいろ同じ。
  
しかし救いがたき人間の業系が得意のこの作者ですらできなかったことがある。
  
少女の動機として、
「幼い頃に可愛がっていた犬を母親が保健所に渡してしまった。母親もそれと同じ目に」
という湿度も温度もある愛憎めいた、分かりやすい切な系の理由をくっつけないと物語をつくれなかったことだ。
  
たしかにそうだろうなあ。ホントに摂氏零度キャラじゃ感情移入もできないしホラーの悪役になっちまうもんなあ演じるは三輪ひとみでセーラー服着せて。

hitomi_2.jpg31歳ひとみセーラー服まだいけます
  

でも実際に起きた事件はちがう。
  
リアルの“彼女”の動機は、物語に仕立てられないほど直截的で薄っぺらくて陳腐だった。
  
温度すら感じられず、
だからこそ恐ろしい
  
現実の“彼女”こそ、
本当の摂氏零度の少女だった。
  
  
理系少女!ぼくっ娘!ネットはまた踊る…
  
houdo.jpg
  
2005年秋、静岡県伊豆の国市で一人の女子高生が逮捕された。
  
犯人が16歳の少女、しかも母親毒殺というセンセーショナルな手口に世間がまた騒いだ。
  
とくに少女がブログで岩本亮平という男子名をHNにして、母親の症状悪化の観察日記を綴っていたことがまた拍車。
  
マスコミは例によって「ネットの影響」「ゲームの…」「教育の…」「最近の子どもは…」とどうでもいいことを垂れ流した。
  
そしてネットでは、

trimozaic_2.jpg

化学オタクの理系女子高生、しかも「ぼくっ娘」なのも萌えを刺激し、モザイクのかかったセーラー服の画像、さらにいつの間にか洩れた「恋ゲーのキャラみたいな実名」も妄想を刺激した。
みんな前年6月に佐世保事件を起こした美少女ネバダたんを連想していた。
  
だから彼女をタリウムたん」「タリたんと名付け、
勝手にこんな容姿を想像をして萌えた。

meganekko_4.jpg
  
こんなのとかも。

meganekko_5.jpg
  
いや少なくともこうでないと、とか。

meganekko_6.jpg

誰も美少女と言ってないのに、なぜかそう決定していた。ちなみにメガネっ娘なのは「化学」「理系」のイメージだろう。
  
(やがてモザイクなしの顔写真が流出し、潮が引くように萌えは沈静化。まあ…いろいろあるわな)
  
  
グルムグンシュー」僕の絶望の世界
  
  
さて、「ネバダ」「桃寿」という通名であえて犯人たちを呼んできたけども、今回タリウムたんはどうしようか迷い中。
いやふざけててけしからぬのでは一切なく、「キャラに合わない」からである。
  
なので当面「彼女」とか「少女」だ。
  
その彼女がなんで、今回ゴスロリのバカップルと同列の扱いなのかというと──。
  

彼女問題のブログ
「Glmugnshu グルムグンシュー 岩本亮平の日記」
  
glmu_2.jpg
  
6月27日楽天ブログで開設、マメに更新され、事件発覚の直前までせっせと書かれていた。
  
HNは「岩本亮平」、つねに「僕」人称で書いた。学校でも自分を「僕」と言っていた。真性ぼくっ娘、僕女である。
  
マスコミでは、
「多重人格か」「解離性同一性障害か」「女性的な同一性を確立するプロセスが混乱し…」
とか精神分析医とかインテリゲンヂャとかなぜ社会問題に発言権があるのかわからんタレントとかが、テキトーな思いつきをしかめつらでしゃべくった。
  
でも“その筋”の人々は「岩本亮平って…あれだよな」と囁き合った。
  

≫ 続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 17:07 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |