≫ EDIT

【事件激情】サティアンズ 第二十三解【地下鉄サリン事件】

title前解へ戻る39  title目次へ39  s00主な登場人物01  s00事件関連年表01 



“──いいかげん支給のポケベルじゃなくて携帯電話にしなさい。
もーいちいち面倒くさい。時代は変わってるんだから!”


s23えっとそのだから 

“────えっとそのう──だから、しぶ   プツッ

……プー、プー、プー”


「あれ?」

“録音されているメッセージは以上です”

s23いまのでおわり 
「は? 今ので終わり?」

なんだろ、続きを聞きたくばてめえで掛けてこいって意味かな。
これはもしかして、警視どののマハームドラー……?

でも相手が携帯だと10円玉ちゃりんちゃりん落ちるんだよなあ…
ええいせっかく警視どのが電話くれたのにケチくさいことを! 10円玉くらいなんだ!

s23怒って寝ちゃった 
あれ、マドラーだっけ?

プルル…プルル……

“こちらは留守番電話です、メッセージを──”

「……怒って寝ちゃったのかな」


s23こちらは留守番 
プルル…プルル……


“こちらは留守番電話です。メッセージをどうぞ”

「あ、あの、イイオンナ1107、です」

s23ラジコンヘリですが 
ラジコンヘリですが、どうなったか分かりました──。ただ、話を聞いたとき、やりすぎて…ラプドンマ師に、その、ちょっと怪しまれたかもしれません」

s23急いでご相談 
「急いで相談したいんです──」


s23さしかえnewpumps0303


「私、どうすればいいか分からなくて──」



s23title*55*637

オウム真理教による犯行の経緯、警察の捜査は、原則公開された情報にもとづく。
登場する公官庁、機関、組織、部局、役職もすべて実在する。
ただし白鳥百合子はじめこの色で示されるのは、架空の人物であり、
実在する人物、事件、出来事と彼らの関わる部分は、創作全開ソースは妄想である。
またこの色この印*のある人物は仮名である。



s23cptリムジン

20121209184052f18_1.jpg

1995年3月16日 ──

s22しんぞうnew

「おい、本隊、聞こえるか。こちらガフヴァ

20150224021850a73_2.jpg 
「聞こえるか。端本だ」

s23とけいnew 
s23しつないnew 
「いま白鳥の家だ」

s23本隊聞こえるか 
「おい、本隊、聞こえたら返事しろ」

s23たたみnew 
s23けっこんnew2

くっそ、使えねえ無線だ。相っ変わらずダメダメだな科学技術省は。

s23さてどうしたもんやら 
さてどうしたもんやら。

s23おまえがへnew

おまえが変な動きするからつい焦っちまった。

s23わたしどうnew

そうなったの自分のせいだからな。
 

≫ 続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 21:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【事件激情】サティアンズ 第十八解【地下鉄サリン事件】

title前解へ戻る39  title目次へ39  s00主な登場人物01 



  ────早川紀代秀の書いたものとされる早川ノート抜粋
        (〓はあまりに乱筆のため読み取れない文字)

カルマからの自由 カルマの解放〓〓〓〓〓〓〓〓
もう戦うしかない 救済には四〓〓
ヒナヤーナ マハーヤーナ
タントラヤーナ ヴァジラヤーナ

遊びの救済は終った
ユダヤ世界せいは〓〓まもなく
最高の科学者→優秀な兵器 数あつめ
平和→怒りの行相(ママ)にフォームをかえる (調和を〓〓)
'95 11月→戦争
〈サリン・イペリット・マイクロ波・マスコミこうせい〉〓〓わかっていることである
尊師にとって 敗ぼくは→死である

 (宝島30 1995年12月 岩上安身/オウム「11月戦争」の恐怖より)




s15俗にいう早川ノート 
1995年4月6日赤坂署生活安全課オウム信者の車を捜索
の部品類とともに、システム手帳大学ノートが押収された。

通称早川ノート

そこにはオウム真理教国家転覆計画が記されていた。



s0eeサティアンズタイトル 
オウム真理教による犯行の経緯、警察の捜査は、原則公開された情報にもとづく。
登場する公官庁、機関、組織、部局もすべて実在する。
ただし白鳥百合子はじめこの色で示されるのは、架空警察官であり、
実在する人物と彼女らの関わりは、創作全開ソースは妄想である。
また、被害者のうちこの色この表記*の人物は、仮名である。



s18cpt95_11月戦争

s06早川ええかアーナンダ 
書き主認定された早川紀代秀は、書いたのは自分ではなく「防衛庁長官岐部哲也で本当は岐部ノートなのだ、と再三否定しているが。

'95-'05 歌バカ (通常盤)
s18bk歌バカ
s07麻原空とぶ 
防衛庁長官岐部哲也@マハーカッサバはいまいち認知度低い幹部で平井堅インド人だったら」みたいな顔、麻原空中ジャンプ浮揚写真を撮った元デザイナーだ。

まあたいてい訂正されず早川ノートのままだったが。

早川だろうが岐部だろうが、要はオウム真理教の上級幹部層にこういう物騒な意識が共有されてこういう準備をしてた、しようとしてたのは間違いないところで。

早川ノート(仮)」は覚書きらしく、汚ったない手書きで、

兵器高性能爆薬ロシアから買うためのメモ、
オーストラリアウラン鉱脈を探してるメモ、
サリンの製造工程、サリンプラント略図や薬物についてのメモ、
エリツィン大統領の側近ロボフなどロシア人脈のメモ、
幹部会議メモ、武装化から信仰のこと、書き主の神秘体験まで、

サラダみたいにぐっちゃぐちゃ書き殴られている。

s18とにかくこの早川ノート 
とにかくこの早川ノート(仮)」と、さまざまな説法、出版物から、

オウムハルマゲドン救済の正体が見えてくる。

≫ 続きを読む

関連記事

| 事件激情 | 13:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【事件激情】サティアンズ 第十二解【地下鉄サリン事件】

title前解へ戻る39  title目次へ39  s00主な登場人物01


邪淫というのは一体どういう意味だか君たちは知っているかな?

邪淫というのは正しくない性的な交わり、
そして修行者にとっては、性エネルギーを漏らすこと、これを邪淫といいます。

そして、この邪淫にはね、深い意味合いがあるんだ。

それは例えば、正しくない性的な交わり、つまり正しくないセックスのことだよね、
これを行なうならば相手のカルマを受けると。

(中略)

それからもう一つの意味合いは性エネルギーを漏らすと。
性エネルギーを漏らすと無気力になると。
無気力になると、当然修行ができないと、あるいは勉強ができないと。

           ──「青年真理」第3号 「不邪淫の戒」より



s0kサティアンズタイトル 

オウム真理教による犯行の経緯、警察の捜査は、原則公開された情報にもとづく。
ただし“丸メガネの女”はじめこの色で示されている人物は、架空の警察官であり、
実在する警察官彼女らの関わりは、創作全開ソースは妄想である。



s12cptその男凶暴につき

米公演1s230 

AKB48とはオウムである。

両方からものすごく怒られそうである。

よくいわれるAKBヲタも含めてカルト宗教みたいだとか、両方とも総帥が丸いかんじだし恋愛禁止だしとか言いたいんではないちょっとは思ったがそうじゃなく。

米B演210 
事件激情 番外篇流出AKB48平米事件で、
AKBのうち5人くらい集中的に調べつつ思ったんだけども。
彼女ら一人ひとりはやっぱりキャラ弱く、ごく数人を除けば主要メンバーですらいまだ「AKBなんちゃら」としか認識されない、「人だかり」の一部。

米指北1d220 米森泣200 
米組浦2s150 米平麻2s170 
米ア夜11w200 米地方200

でも当たり前ながら彼女たち一人ひとりにも背負ってる深いドラマがありメンバー同士のリンクがあり、そのへんディテール掘り下げるほど全体は見えなくなる。

まあAKBのばやい全体なんかより推しメンを接視してればいいんだろうけども。

s06麻原群衆  
オウムもまた、ごく数人を除いてオウムというパッケージの中で「オウムなんちゃら」の無個性に埋もれてるんだが、一人ひとりにやっぱり背負ってるドラマがあり信者同士のリンクがあり、そのへんディテール以下同文。

オウム真理教麻原彰晃が絶対的に君臨してたが、
麻原ひとりがオウムすべてではなく、なんとのううやむやした集合体で。

オウムをまじめに知ろうとするまじめな人々はそのうやむやさ加減に業を煮やして、各信者について掘り下げはじめるみたいなんだが、それ大いなる罠で、けっきょくまるで脈絡のない無数の人生に惑わされて永遠の迷宮をさまようことに──


で、そんな「オウムなんちゃら」のうち2人

s09セーラー端本見つめ合う02モノクロ 
セーラー@オウムシスターズ次女ガフヴァラティーリヤ@端本悟

s092人の様子は s09ときにオウム 
この2人の熱愛っぷりは、サティアン内でもうわさになってた。

≫ 続きを読む

関連記事

| 事件激情 | 17:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT