≫ EDIT

【事件激情】その男、K。 #01【秋葉原通り魔事件】

contents

   とある正午のひととき

handoru.jpg

さて、はトラックの運転席で正直少し怖じ気づいているわけで。

自分でも訳が分からない勢いでここまで来てしまった。

目的地から100mくらい離れたところにトラックを止め、ディスカウントショップでトイレを借りたりして。
時間つぶしに。でもびびってもいる。あまりの人の多さ。ここってこんなに人いたっけ。
携帯電話を神経質にいじったりして。

街ではそろそろ交通規制の時間だ。
  

ちょうど3丁目の交差点では警察が南北の通りの自動車通行規制を始めていた。

police_kisei_02.jpg

警部補は交通整理中。今日初めて組む女性巡査は娘といってもいい年頃で、制服ではなくポロシャツにチノパンの私服だった。このところ騒ぎを起こすパフォーマーたちを見物人にまぎれて取り締まるためだ。そんな格好だとまだ学生にも見える。聞けばまだ警察学校を出て2年目というじゃないか。

キビキビと張り切っていて公僕たらんと目をキラキラさせて。
まあおれも年を食うわけだ、などと50代の警部補は思ったりもする。
毎週日曜の恒例。今日も一日立ち仕事だ。
  

mens_botom_02.jpg

大学生4人組は新宿でアニメを観た帰りに、マンガを買うのと昼メシのためにこの街に来ていた。
「つけめん食おか」
「そのあとゲーセンな。ぷよぷよ、今日こそ勝つかんな」
「おお、涙目にしてやんよ」

  
今年3月に引退したばかりの老歯科医は、医者になった息子と一緒に新しいデジカメを買いに来ている。

camera_02.jpg

「へえ、けっこう安いもんだなあ」
「買っちゃおうか」
老歯科医は上機嫌だ。息子と2人でなんだか楽しい。
今日はいい一日になりそうだ。

  
アルバイトの彼女はいつものようにツートンカラーのワンピースに着替えて11時から持ち場に入っている。
そろそろ人も増えてくる。あと少しすると店の前は行き交う人でいっぱいになるだろう。今日もがんばろう。

sftbnk_urico_01.jpg
携帯電話のチラシを手にとってアルバイトの彼女は、さっそく通行人に笑顔を向けて「こんにちわー、ソフトバンクです」と声をかける。

  
単身赴任中の父親は、妻と娘が上京してきたのでせっかくだからとこの街に連れてきている。
父親にはなんだかけばけばしくて派手派手しくて賑やかすぎる気もするが我が女性陣は楽しそうだ。

  
タクシードライバーは今日も街を流している。
ハンドルを握る手はかつてホテルのシェフ時代には包丁をにぎり、店をもっていた頃は何から何までやったものだ。

taxi_met.jpg

行き先を聞いて、あそこは今日人出が多いし帰りに客を拾えそうだ、なんて脳内の電卓をかちかち打つ。
とうにオヤジの自分にはあのヘンテコな街の何がどう楽しいのかいまいち分からんし、好きじゃないが。
  

友だちとテニスの約束をしていた大学職員の彼女は、ラケットバッグを下げ、交差点のソフマップ本館で待ち合せていた。
「ごめん、パソコンの部品を引き取ってもらうからちょっと待ってて」
「じゃ、そのへんにいるね」
大学職員の彼女は店内をぶらぶらと歩き始める。
  

「駄目だな、この台は」
会社員2人組はパチンコ屋から出た。午前中目一杯張り込んだのにちっとも出やしない。
昼過ぎには友人がもう一人合流することになっているがまだ少しある。
「もうお昼だね」
「昼めし食おっか」

  
カップルの彼女は、婚約した彼氏と一緒にネットカフェにいる。前日から泊まりでこの街へ遊びにきていた。

copo_02.jpg

ネットカフェで少し仮眠をとって「そろそろ始まるよね」と彼女彼氏は店を出ることにした。
コスプレの女の子が通り過ぎた。
あれメイドだよね。すごいねえ、ここはああいう格好の人が当たり前みたいに歩いてるんだ。

  
トラックの運転席にいるはまた携帯電話を手にとった。
掲示板を見た。やっぱり誰のカキコもない。自分が今朝から延々と打ったカキコがむなしく積み重なってるだけだ。
ああいう風に書けば、誰か止めてくれると思ったのに。やっぱり誰からも無視されてるんだもんな。不細工なおれは。
リアルでもネットでも一人。

keitaimail_04.jpg

はキーを操り、スレのタイトルと1番の書込みを書き換える。
  
  ──を使います みんなさようなら
  

昼12時10分
  
は最後のカキコをする。
  
  
jikandes.jpg
  
  


≫ 続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 00:49 | comments:6 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |