≫ EDIT

【事件激情】借りてきた「絶望」。──《陸》

殺戮ゴスロリカップルと女子高生
  
kagaku.jpg
   
  
「死にたい人には薬をあげます」
  

彼女はどんな少女だった?
  
彼女高校入学の日、自己紹介で
死にたい人がいれば薬を持っていますからあげます」
と言ったという。

highschl_1.jpg

県内有数の進学校理数科に進学。化学部に入る。
成績は優秀
とくに化学の知識は先生もたじたじになるくらいだ。
ふだんは静かで大人しいが、論理的な誤りには容赦なくツッコミを入れた。

izunokuni_5.jpg

山向こうに富士山をのぞみつつ──、
彼女はその住宅地に暮らしていた。
祖父母、両親、兄2人の7人家族。兄1人は別居。
もちろん「愛犬リトル」はいない。
  
「おとなしい家族」「親子でもめるようなことはなかった」というのが近所の評判。
  

さらにさかのぼる──、
小学校──。
すでに「僕」と言い始めてスカートは履かなかった。
あだ名は「爬虫類」。表情が乏しいから。のち昆虫採集ばかりしてたので「ファーブル」とも。
ウサギにリードをつけて散歩。なぜか飼育小屋で弁当を食べる。
友だちとはあまり遊ばなかった。
というか変わってたので当然ながらいじめられっ子だった。

usagin.jpg

小学校の卒業文集にこう書いた。
「ウサギは世話をすれば世話をするほどなついてくるので一生懸命世話をした。逆の立場になって初めて分かった。これからは理由の分かる人になりたい」

  
中学に進むと──、

classma.jpg

化学の専門書を読み始めた。中学生はふつう読めないようなやつ。
学年でも10位以内の成績
とくに理科が得意。テストで100点でないと泣いて抗議
落書き代わりに化学記号や数式を書く。
手芸とかをする創作部に在籍。のちに部長も。
中学の半ば頃まではいじめられっ子だった。
リーダーシップをとるタイプではないが暗くもなかった。
クラスではちょっと浮いていた。
  
「グルムグンシュー」を始める前、メルマガを発行(部数34部)。前年(中3)の夏に始まって、「グルムグンシュー」開設直後の7月1日まで38号出していた。
そのうちのある回は「闇の中へ」という抽象的かつ暗めの詩。化学少女と同時に文系少女(暗系)の顔も持っていた。
  
中学の卒業文集「好きな芸能人」の欄にこう書いた。
  
「有名人(あまり有名ではないかもしれないが)ならグレアム・ヤング

  
彼女はしきりとグレアム・ヤングを礼賛する。でもヤングは芸能人じゃないし普通の有名人でもない。
  

gyoung_28.jpg

実在の連続毒殺魔だ。
  
  

イギリス最凶毒殺魔の「毒殺日記

 

dokusatu_nikki.jpg

グレアム・ヤング日記をもとに伝記本が出版され、映画にもなった。イギリスのシリアルキラーだ。
  
ナチスオカルト毒物スキー
「尊敬する人は、19世紀に14人毒殺したウィリアム・パーマー」

  
gyoung_boy.jpg

12歳くらいから「学校の実験で使う」とウソついてアンチモンジギタリスを手に入れ、家族に盛っては様子を観察して日記をつけていた。
  
ヤング毒殺デビュー14歳。
  

≫ 続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 22:01 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |