≫ EDIT

【事件激情】松本サリン事件に関する一考察【怪文書】


通称、『松木サリン事件』──謎の多い、奇妙な、そして、実に恐ろしい事件である。
化学兵器『サリン』、このような大量殺戮兵器が、市街地で、しかも平時に用いられた事件は、洋の東西を問わず、過去にその類例を見ない。それは、数々のテロ行為を含めての事だ。確かにこの兵器を用いれば、大量殺人が可能だ。それを密閉された空間、地下鉄や東京ドーム、コンサート中の武道館や横浜アリーナ等で使用すれば、未曾有の大惨劇となることは、容易に想像が付く。しかし、そのあとに巻き起こるであろう非難の大ささを考えれば、『まともな』テロ組織が、その使用を躊躇してきた理由が分かるだろう。
では、誰が、この事件を企てたのか?
この事件を考える際、唯一、その類似性を見出すことが出来るケースがある。『帝銀事件』である。分類上、全く違う二つの事件。
一つは、銀行強盗、もう一つはまさに、謎の大量殺人。にもかかわらず、この二つのケースには、奇妙な類似点が見出される。市街地の大量殺人、一般には、手に入らない特殊な毒物、そして、軍事技術を応用し、熟練した手際の殺人。たが、それにも係わらず、全くの素人による犯行とされている点。
数々ある類似点のうちでも、最大の類似点は、『殺人のための殺人』と言う点にある。言い換えればそれは、銀行強盗を装った『デモンストレーション』とストレートに『メッセージ』を具現化した犯行。時を越え、メッセージを向けている対象は違っていても、この二つの事件は、『殺人を使った示威』と言う点で一致している。
今回のケースで、このメッセージを発した者たちが、誰に対して何の目的でそれを送ったか、がこの事件を解く鍵である。

s11化学式03

この化学式に表した悪魔の物質が、再び、神の名の元に使われることの無いよう、切に願う。


『松本サリン事件に関する一考察』
サリン事件は、オウムである。
この夏に起こったもっとも不可解な事件。6月27日の夜、松本市の閑静な住宅街で突然に第2次大戦中ナチスドイツが開発した殺人毒ガス〔サリン神経ガス〕が流れ出したのである。第一通報者である、会社員の自宅に隣接する駐車場で発生したと推定されるガスは、その近辺の社員寮などで、7名の死亡者を出し、サリンによると思われる昏睡、意識障害、呼吸障害、視覚障害(瞳孔収縮によるピン・ホール現象)、嘔吐、頭痢、と言った中毒症状を被った被害者は、200人以上を数える。
事件直後、事件を担当した松本署は、発生現場にもっとも近い会社員宅を被疑者不詳の殺人容疑で、家宅捜索を行った。警察は、会社員宅から十数点の薬品類を押収し、当夜発生した謎のガスが、神経ガス『サリン』と類推されると発表した。更に入院中の会社員が有機溶剤主任や劇物薬物取扱などの資格を多数有していることもあり、捜査の方向は、この会社員の過失によるものと固定されてしまった。
しかし、入院中弁護士を通し、そして退院後も本人が隠れる事無く行った記者会見では、一貫して、事件に関わりを一切否定する内容のものであった。更には、警察が押収した薬品類では、サリンを合成することが困難であることが判明した。
二回に渡り、長時間の重要参考人同然の尋問であった事情聴取でも、会社員の主張には、変化はなく、捜査は企くの手詰まり状態に陥っている。
この事件を解決する糸口が、思わぬ方角から現れた。

『オウム教信者、父親誘拐事件』
宮崎県で旅館を営む63才の男性、彼には4人の娘がいた。その中の次女と三女がオウム真理教に入信している。彼は、所有する土地を9000万円で売却し、手元に6000万円あまりの現金を有していた。
3月28日の夜、63才の男性は、自宅で深夜、意識を失った。普段、夜中に用を足しにいく週間のある彼だが、このときは、その覚えが全く無かった。気がつくと日頃から疎んじていた、東京・中野のオウム教が経営する病院のヘッドで眼を覚ましたのである。それが、彼の軟禁生活のスタートであった。
夜間、宮崎の自宅から2女3女そして、『偶然』その近くで教団の活肋をしていたオウムの医師達の車に乗せられ、1500・の道のりを移動させられたのである。途中波らは、岡山の東名高速で事故を起こし、JAFを要請している。JAFによれば、エンジ色のそのワゴン車は、女性(3女)が運転しており、路肩縁石に接触し、走行が困難な状況であった。また、後席には病人を乗せているとこ電話であったため、付近の病院へ向かうように忠告したが、聞き入れなかったとのことである。更に中野のオウム病院へ向かう前に山梨の教団施設に寄り、『医薬品』の補給をしたとのことである。この『意識不明の病人』が『薬物による昏睡状態』であり、山梨によったのは、
事故によるタイムロスによって男性が『目を覚ましてしまう』事を恐れた。のではないだろうか?
こうした経緯を経て彼は、強制的に入院させられ、外出することも許されない生活が続き、お布施をすることを強要されるのであった。誘拐の翌日には、2女、3女が彼の預金を解約に行くが、本人以外引き出し禁止の措置が取られており、事無きを得るのであった。(常識からいって、父親が急病で入院した直後に預金を解約しようとするだろうか?ま、もっとも常識の通用する相手ではないか……。)
異状(ママ)を察知した長女の夫と4女が病院を訪れるが、面会を許されなかった。そればかりか、長女の夫と4女には、彼が脳梗塞で左半身不随、完全な失語状態であるとし、病院から移動させることは非常に危険だと説明した。押し問答の挙げ旬に長女の夫と4女を病院から迫い払ったのである。(後日この男性が宮崎県で保護された際の県立病院の診断結果は、過労と衰弱、若干の難聴が見られるが、全くの健康体であり、脳梗塞に関しては、その兆候痕跡などいっさい見られないというものであった。事件発覚後、脳梗塞に類似し、その痕跡を残さないRINDO(リンド)と言う病気であったとオウムは主張するが、借りにそうであったとしても宮崎から1500・もの移動をし、その問施設の整った病院へ向かおうとせず、オウム病院ではCTすら撮影しなかった事実は、彼らの主張と矛盾してはいないだろうか?)
案の定、後に彼と面会することが出来た非信者の家族には、彼はしっかりとした口調で帰宅したいとの意思を表明しており、その声は、テープに録音されている。この件があってか、オウムは再び彼を病院から移動させた。家族には、退院させることは危険だとしていながら、全く医療機関とは関係ない山梨にあるオウム教の施設に移動させたわけである。これこそ矛盾の極致ではないだろうか。
この移動の際、車中で男性は再び意識を失う。最初の自宅での際も、今回も恐らく何らかの薬物を使われたものと推測される。特に自宅では、内側から鍵の掛けられた『密室』状態であったことから、『ガス状にした薬物』が使われた可能性が高い。気がついたときには山梨にあるオウム教の施設に収容され、僅か2畳余りの窓一つない、46時中大音響が流され続けるといった、部屋に監禁され、食事と言えば、〔オウム食〕と呼ばれる野菜の煮付けのみ。北ベトナムの『キャンプ・フェイス』捕虜収容所もびっくりと言った拷固を受けるのであった。その際、外出帰宅を懇願する彼に対し、信者である彼の娘が、興味深い発言をしている。
それは、(建物の)
『外は、毒ガスで一杯で出られない』
というものである。連日の拷問の結果、体重が10キロあまり減少するなどの衰弱症状に陥ったが、それでも、彼はオウム教へのお布施の強要を拒み続けた。その結果、オウムは薬物などの洗脳作戦に切り換え、彼は、ますます脱出できる可能性が低くなってしまった。
そこで父親は、一計を案じ、オウムに心酔し、お布施を同意する芝居を打ったのである。オウムに心酔し、入信するとした内容と預金を下ろすために宮崎へ向かうと手紙にしたため、長女ヘシグナルを送ったのである。父親の安否を気づかった長女夫婦は、弁護士事務所に相談し、宮崎県のオウム教の施設に父親が、移される情報を察知し、空港で父親を保護することに成功したのであった。
後日、本人、長女夫婦、4女と弁護士団によるオウム真理教が行ったと推定される今回の誘拐事作に脚する告訴記者会見に、60代男性の2女夫婦と3女が乱入し、記者会見の妨害を企てた。同じような、白の上下に、男女の別なく短髪の彼女らは、一時間余り弁護士たちと小競り合いを続け、会見の開始を大幅に遅れさせた。その際彼女らが、弁護士たちに暴行を働き、通報で駆けつけた警官数名によって会見場から排除させられるという事態が生じた。
これだけでも、充分に驚くべき事態だが、警官により会場から排除される際、彼女らは、口々に『おとうさん助けて、おとうさん、目を覚まして』などと、本末転倒も甚だしい発言を繰り返し、まさに、奇異の一語に尽きる印象のみを撒き散らしていった。
さて、オウム病院によって、脳梗塞により失語症と診断された男性自身の口から、誘拐、そして拷問紛いの軟禁生活の生々しい詳細が語られ、お布施の強要を迫り、金銭のために教団が手段を選ばないといった恐るべき実体が、浮き彫りになった。この間、屋外へ排除された2女夫婦と3女達が、拡声器を使い、あらん隈りの支離滅裂の言葉を持って、ビルの外から記者会見の妨害を行おうとしていたことを付け加えたい……。
さて、先程の『外は毒ガスで一杯で出られない』と言う、信者である娘の発言は、この記者会見の際、監禁されていた父親の証言によるものである。またこれは、オウム信者のあいだでは広く信じられていることだ。それは、後で述べる麻原教祖自身の言動に起因する。
この言葉には、実に興味を引かれる。即ち、今回の誘拐の手段として、ガス状と思われる薬物を用い、目撃者も無く、事をなし遂げている点。これこそは、懸案の『坂本弁護士一家失踪事件』の鍵を握るものではないか?そして、『松本サリン事件』に細い糸口を導いているのではないだろうか?
更に、この4月からオウムの教祖である麻原彰晃氏が、公式の場はおろか、信者の前にすら、姿を現していない。その理由を麻原氏自身が、教団の小冊子に明かしている。
それによると
『外部からの毒ガス攻撃により体調を書しており、一時的に逃避する』
と言うものだ。これらの小冊子には、マスタード・ガス、イペリット等のビラン性ガス、ソマン、タブン、サリン、等の3Gガス、さらにはVX(バイナリー)つまり、それぞれは無害な薬物たが、混合することにより、神経ガスを発生させる最新の化学兵器等の具体的な名前が列挙され、その中に、
4月の時点でサリン
が取り上げられている点が特に注目される。この氏自身の発言により、信者のあいだでは、
『外は毒ガスで一杯』
が広く信じられていたわけである。
さて、ここでこの事件の『凶器サリン』
に付いて触れておく必要があるだろう。
有機リン系農薬を作る際に偶然発見され、第2次大戦中ナチスドイツが、アウシュビィツ等のユダヤ人強制収容施設で大量殺戮の目的で使用した神経ガス。それ故にG(ジャーマン)ガスと呼ばれる。近年では、イラン・イラク戦争時、国内の反政府活動を抑えるため、クルド族の大量虐殺にサダム・フセインのイラクが使用した。それがサリンだ。生物が神経を伝達する際にアセチル・コリンと言う物質により、神経の接合点に指令を伝える。そして、次の指令を伝えるため、このアセチル・コリンを分解する必要がある。それを行うのが、コリン・エステラーゼと言う酵素である。神経ガス、即ち、サリンは、このコリン・エステラーゼを分解もしくは減少させ、次の指令が神経に伝わらなくし、生物に死をもたらすのである。
現在でもトップクラスの保安扱いである神経ガスは、ほんの僅かな砂粒ほどが皮膚に付着しただけでも、1、2分で人間を死にいたらしめる事が出来る。有効量に達しなくても昏睡状態に陥り、一時間以内に死亡する確率が高く、目、鼻、口などの粘膜から吸収した場合、効果が高く10分以内に死亡する。米軍軍事技術パンフレット『TM-3-215』には、神経ガスによる症状が詳しく描かれている。それによると、まず、鼻水が出る。胸が締めつけられ、息苦しくなる。瞳孔が急激に収縮し、目が見えなくなる。呼吸が困難になる。大量に唾液が分泌され、同じく発汗する。悪寒が走り、嘔吐する。苦痛を伴う痙攣が起きる。無意識に失禁する。筋肉が痙攣し、手足の運動が揃わなくなり、千鳥足状態になる。虚脱状態もしくは、昏睡状態に陥る。そして、全身が痙攣し、呼吸が完全に停止し、死亡する。このような凄絶な効果とその比較的安易な製造法ゆえ、
『貧者の核兵器』とも呼ばれる。また、その成分や製造法は、科学専門誌、軍事専門誌等にも紹介され、化学の知識がある人間ならば、容易にその化学式どおりのものを作ることが可能である。しかし、リン酸フッ素化合物(リン酸二フッ化メチル等)とイソプロピルアルコール等を混合し、サリンを合成するには、それなりの技術と設備が必要になる。それは、サリンが非常に気化しやすく、また、これらの薬品を混合する際にかなりの高速で混合する必要があるからだ。実際に軍隊が、砲弾などにサリンの原材料を詰めて発射する際は、発射の衝撃と砲弾自身の回転により、数万回掻き混ぜた状態が出来上がり、サリンが合成される。これと同じように薬品を混合し、密閉するには、かなりの設備が必要となる。それはもし、製造過程でサリンが漏れることがあれぱ、その場に居る者が、身を以て、その威力を体験することになる。つまり、死ぬわけだ。
さて、サリンが発見され、またイラク軍がカムフラージュに使ったように農薬を製造する化学工場レベルの施設がサリンの製造には用いられる。したがって、そこまで高度ではなくても、大学のゼミレベルの設備は必要だろう。
無論、これらの設備を用意するには、個人単位では難しいと言えるだろう。以上のようにサリンの製造には、『人(技術と知識)、モノ(設備)、そしてカネ』が必要である事が理解頂けるだろう。
話は変わるが、知ってのとおり、オウム教はその付属病院をはじめ、国内に幾つかの施設を有している。この教団では、輪廻転生、不老不死が信じられており、以前マスコミに公開された活動内容によれば、『不老不死の薬』の研究と言ったものが上げられる。当時公開されたものによれぱ、施設にはなかなかの設備が整っており、人間の心地好い宇宙からの信号を取り入れた音楽ということで、『麻原彰晃の歌』と言うものもあった。しかし、そのメロディは、どう効いても『汽車ポッポッ』にしか聞こえないのだが……
少し話が脱線してしまったが、『信者』の中には、『付属病院』の『医師』をはじめ、学生、特に『理工系の学生』や、それの卒業程度の高水準の『知識の保有者』が存在し、それらの信者たちが『研究』に従事しているとされていた。また、『不老不死の薬』研究に便われていた設備類は、本当に本格的な『薬品』を『合成』出来る程充実していた。また、数年前都内に新しく設けた『道場』と呼ばれる『オウム教ビル』の建築途中、『猛烈な悪臭』を付近に『タレ流し』、被害を被った付近住民と大乱闘に発展したことを覚えておられる方もおいででしょう。ビルの排水管などからタレ流され怒臭は、『動物の腐った』ような『遺体を焼いた』様な『猛烈な悪臭』であり、再三の住民側の話し合いにも係わらず、建築の間中タレ流され、建築中止の要請を無視し、住民と大乱闘となった次第だ。建築は強行され、完成後も悪臭の発生することが幾度かあった。住民とオウムとの話合いの席でオウムは住民に迷惑料を支払うことに同意した。その際オウム側は、あの猛烈な悪臭の原因を建物を『浄化』する為に『オウムの香水』を撒いたと説明している。どうも彼らは、薬品を作るのも使うのもお好きなようだ。現に彼らは今回の『父親誘拐事件』いや、彼らに言わせると『入院』の為の『移送』の際にも、『山梨のオウムの施設』で『薬品』を『補給』したと主張しているわけなのだから。

再び話を『松本サリン事件』に戻そう。
この事件に限らず、犯罪には必ず『動機』が存在する。一見衝動的な犯行と思える通り魔事件でさえ、犯人にはそれなりの理由が存在する。それは、麻薬などによる幻覚に対する恐怖、一時的な感情の暴走といった、多分に犯人側の一方的な勝手極まりない理由でさえ、犯人にとってはそれが『動機』なのである。
今回の『松本サリン堺件』の凶器であるサリンが、ナイフや包丁などの容易に手にはいる凶器と違い、先述のとおり、『人、モノ、金』が必要なのは理解頂けるだろう。更には、サリンを製造するリスクと試行錯誤があったと考えられ、それに要した『手間と暇(時間)』を考えれば、まったくの遜り魔的犯行や、ましてや何らかの過失によるものとは、考えるに難しい。然るにこの事件には、それなりの理由が存在することが推定される。
さて、被害者であり、第一通報者。更には、建前上警察は否定するだろうが、容疑者リストの筆頭に上げられている気の毒な会社員氏。彼がこのケースに係わっていたとする警察側のシナリオは、彼が何らかの過失によってサリンを発生させたというものである。確かにこの会社員がその学歴や多数の資格からもサリンを作りうる知識を持っていると推定でき、十数種類の薬品類を保有していたことからも疑惑の念を払いきれない。しかしながら彼の自宅から押収された薬品類では、サリンの合成は不可能である。更に翌日、当該地域がゴミの収拾日であるにも係わらず、それらの押収を怠った点からも本件に対する警察の見通しの甘さが伺える。近代捜査とは、まず、彼が犯人ではない証拠を洗い出すことから始まり、その後に証拠固めをするものだ。そうでなければ裁判で公判を維持することが困難になってくる。にもかかわらず、今回の件に関しては警察の見込み捜査的判断が伺える。つまり、会社員の自白によって本件の立件が可能であるとの判断がこの事件の捜査そのものを困難にしている。更にこの推理には最大の矛盾点が存在する。それは本当に過失によってサリンが外に流出したならば、もっとも近い場所で、もっともサリンを浴びた会社員は、発生直後に即死していなければならない。さもなくば、充分な防護手段を取らずに大量のサリンを浴びてあの程度の症状ですむ筈がなく、会社貝の主張どおり、自宅内に(希薄になった)サリンが進入し、それを浴ひたと考える方が納得が行く。もし、仮に何らかの目的を持って彼が防護服、防毒マスクなどの充分な防護手段をとり、サリンを合成したとしてもあの日のゴミを押収せず、大規模な家宅捜査の際にもそれらのものは発見されなかった点を鑑みて、警察の推理、行動に失態があったと言わざるを得ない。
もちろん彼自身が、それらの隠蔽工作に時間を掛けられたとは考えにくい。それは、彼がこの事件で病院に搬送された、最初の人物なのだから。
ここまで来ればご理解頂けるでしょうが、この会社員は、気の雅なことに実に警察にとって『怪しい』人物なのだが、『動機』が無いのである。『凶器サリン』は『人、モノ、金』が必要であり、特に国内でサリンを合成するのに必要な薬品は、バイオ・テクノロジーに用いられる試薬で、数グラム単位の小瓶で販売される。しかも、その販売はすべて記録されており、当日発生したと思われるサリンおよそ2000gを製造するには、相当最の購入が必要となる。ちなみにその試薬のお値段は、数グラム入りの小瓶でも6万円とのことだ。一歩間違えれば自分が死亡する可能性のあるもので、『個人』が何らかの犯罪を犯すとは考えにくいのではないだろうか。

それでは当日、誰が、どんな『動機』を持っていたのだろう。
ニュースは、その当日より、翌日、更にその毒ガスがサリンと判明した時のほうがより衝動的であった。だが、その聞き覚えのない毒ガス、サリンの名を違う関心の持ち方で耳にしていた集団がいたわけだ。
何故なら、オウムの信者は、4月からサリンの名を知っていたわけだから。
信者にとって、毒ガスサリンの名は何の不思議もなく、むしろ、教祖の予言が的中したと受け取られたわけだ。
『外部からの毒ガス攻撃により体調を害しており、一時的に逃避する』
この麻原教祖の言葉を信じる信者たちにとって、この出来事は、文字通り、『外は毒ガスで一杯』が、現実となったわけである。さて、教祖の予言どおり、毒ガスが現実となった今、何故彼らは、警察に届けないのだろうか?
かつて、『坂本弁護士一家失踪事件』の際も、今回の『信者による父親誘拐事件』のケースでも彼らは、弁護士団を名誉棄損で訴えている。特に今回の『父親誘拐事件』に関して言えば、相当の客観材料が揃っているにも係わらず、いつものように逆説的訴訟である。それは、『坂本……』の場合は、自分たちで勝手にいなくなったと主張するものであり、横浜弁護士会によるオウムを陥れる罠であるとの事た。今回の誘拐事件でも、救出された父親は、現在、長女、4女によって『監禁』されているとし、同じく弁護士を名誉棄損で訴えている。実にシュール・リアリスチックな逆説主張である。更に、先程の『悪臭垂れ流しビル事件』の際も訴訟を準備し、九州のオウムキャンプ施設騒動では、
予算20億の村から9億2千万円をせしめている。このように地域社会に対する迷惑を自ら全じさせておきながら、自らは都合の良い解釈で社会生活の規範たる法に頼る。このように公判好きの訴訟大好きのオウム教が何故、司法に訴えないのか?しかも、事は、教祖が毒ガス攻撃を受けていると言うではないか、この教団では、教祖の生命は、無価値なのだろうか?それとも裁判制度はお好きだが、司法警察はお嫌いとでも言うのだろうか?いやいや、ひょっとして、警察に訴え出て、万が一教団の建物内部を捜索されると困る物でも出て来てしまうから?なのでしょうか。いずれにせよ、教祖の毒ガス発言が現実となった今、信者にとって、『外は毒ガスで一杯』が真実であり、疑いようのない事実となったわけである。たとえ、
『外部からの毒ガス攻撃により』と言う言葉が、お得意の『逆説的意味』を持っていたとしてもだ……。つまり、オウムにとって予言が実現されることに、意味があるのだ。即ちそれは、オウムの信者に向けたメッセージであり、服従の要求である。
図らずも信者の口から漏れた、この
『外は、毒ガスで一杯で出られない』にその真意が集約されている。(建物の)『外は、毒ガスが一杯で出られない』とは、オウムの『外は、毒ガスが一杯……』を意味し、最終的に オウムを脱会し、外に出ると毒ガスが待っているという、信者に向けたメッセージであり、それを強固にする、『予言の具現化』ではないのだろうか?

更にこの推測には、もう一つの最悪のシナリオが導き出される。それは、輪廻転生を信じた新興宗教が、破綻を来したときにときおり発生する。古くは、ガイアナの『人民大寺院大虐殺』、最近では、武装宗教団体『ブランチ・デビディアン』の最期を記憶されている方もいるでしょう。これら、行き詰まった新興宗教は一つの選択を行っている。それが、最悪の選択であることは、まともな人間にとって当然のことだ。だが、輪廻転生を信じる彼らにとって、それは、死ではなく、ましてや集団自殺では有り得ない。彼らにとってその選択は、新しい生命として蘇るための『儀式』に過ぎないわけである。そして、サリン程、この『儀式』に向いたものはないだろう。銃や刃物などと違い、肉体を傷つける事無く、また充分な濃度であれば、さして苦しむこともなく、同時に大勢の人間に死が訪れる。成人が、正しい正しく無いは別にして、その選択をするのであれば、強いて止めはしない。しかし、自らの意思とは別に肉親が信者であるという理由によって、この選択を迫られる子供たちがいるのであれば、不憫でならない。家族からの乖離をうたう宗教を信じるものが、親であることを持ち出すのだから質か悪い。ましてや、その中に……いや、止めておこう。これは、あくまでも推測にすぎない。何の根拠もない憶測である。出来れば、これが大きなお世話、余計な詮索であってほしい。しかし、私は、この推測が恐ろしくてたまらない。それは、この推測があながち荒唐無稽とは思えないからなのたが……。
最期に『松本サリン事件』の犯行状況そのものについて、推理しておきたい。
警察では、被害者の会社員が殺虫剤を合成しようとして、過失により、偶然サリンを発生させてしまったとしている。また、偶発的にサリンが発生したとする根拠として、被害者が白いガスを目撃している点を上げている。警察は、これが薬物を混合した際の副次生成物としている。しかし、この白いガスを目撃した被害者は比較的軽い症状の方が多い。これが警察の言うとおり、副次生成物ならば、発生と同時にサリンとほぼ同じ流れをしており、目撃者の症状と必ずしも一致しない。この警察の当初の発表が、どうにも推測の幅を狭くしている。つまり、あの夜、故意にせよ偶然にせよ誰かがあの場でサリンを『合成』したとする根拠は何処にもないのである。発生点が、会社員宅の庭の向こう側、更に駐車場のフェンスを越えた地点であることから、何者かが、その場にサリンを持ち込んだと考えた方が自然ではないだろうか。
即ち、犯人がその場でもたもたとサリンを作ったとするよりも完成品が持ち込まれた可能性の方が高いのではないだろうか。
それならば、白いガスの正体が容易に想像できる。それは、常温では猛烈に気化する合成済みのサリンを運搬するために有機溶媒とドライ・アイスを利用する可能性があるからだ。有機溶媒=有機溶剤は、単体では扱いにくい薬物に混ぜて使用される。常温では、気化する割合の高い薬品や、激しい化学反応を起こす薬品などの気化を遅らせ、扱いやすくするために混ぜる。身近な例では、農薬を散布する際に、それを運搬するために有機溶媒に農薬を溶かし込んで用いる。しかも、有機溶媒を噴霧した場合、白い霧状になり、かなりの刺激臭を発生させる。更に有機溶媒=有機溶剤(つまり、シンナーやトリクロロエチレン等)を吸収した蝪合、頭痛、嘔吐、眩暈、呼吸困難といった中毒症状を起こす。これらの症状は、今回の事件で比較的軽い症状の被害者の証言と一致する。つまり、サリンに触れて、不幸にも即死した被害者とそれを運搬するための有機溶媒を吸い込んで、被害に会われた方との二通りが存在する。その点からも現場には、完成済みのサリンが持ち込まれたと考えられる。
更には、こういった推測もあり得る、それは、ドライ・アイスをくり抜き、そこにサリンを充填し密封するというものだ。それを大型の真空容器に密閉し、更にそれをドライ・アイスを敷き詰めた大型容器に格納し運搬する。目的の場所に付いたら、慎重にサリン封入ドライ・アイスを取り出し、それを目的の場所に設置する。
つまり、ドライ・アイスによる簡易式『時限爆弾』である。
ドライ・アイスと有機溶媒によってサリンの膨張、気化を抑え、ドライ・アイスが蒸発するにつれ、サリンも発生する。その間に設置者は風上に避難するわけである。これならぱ、大した防御手段も抗しずに済み、好きな場所に好きな時間に
何箇所でも、時限式サリン爆弾を設置することが可能だ。無論、その場を立ち去るまでの時間を充分に稼ぐことも出来る。
さて、『何箇所でも』という部分だが、根拠がないわけでもない。それは、サリンの直撃を受けたと推定される『即死』の被害者が、2階、3階に集中していることだ。即ち、空気より重いサリンが、もっとも近い会社員宅で死者を出さずに、それより遠い、寮やマンションのそれも、上の階で死亡者をだしている。これはサリンが『高い』場所で発生したことを示唆してはいないだろうか。そして、発生した場所が、一箇所だけではない可能性も考えられる。サリンが何箇所かに設置され、屋上や非常階段といった一目に着きにくい場所から、地上に降ってきたと考えれば、死亡者の発生場所の偏向性に説明が着く。
勿論、当初推定された場所にも設置された可能性は高い。駐車場、それも月極の駐車場で、ガスマスクや防護服などの物々しい装備をして、ちんたらサリンを作るよりは、完成品のサリン爆弾を設置した方が、当然、目撃者も少なくて済むわけである。
これらの推理は、犯人がサリンを製造できることを前提としている。その製造が困難であり、大規模な設備と人手が必要なことは、もう、おわかり頂けたことと思います。
サリンを製造するリスク。(途中でサリンが漏れて、自ら死亡するケース)
それを運ぶリスク。(運搬中にサリンが漏れて、運搬者が死亡する可能性もある。)
目撃されるリスク。
そして、自らが設置後のサリンに触れる可能性のリスク。
これらのリスクを冒してまで、犯人が『単独』ですべてを行うとは、考えがたく、サリンの設置場所が、もし概数箇所であった場合、上に挙げた3,4番目のリスクが発生する可能性が、非常に上昇するのは当然のことだ。
にもかかわらず、この犯行を犯すに至った犯人側の動機は、身勝手極まりないが、『狂信的』なまでに強固であったと言えるだろう。状況的に単独よりも、複数の人間がこの事件に係わっていると推理できる中で、彼らを一つにしていた『動機』が何であったかは、先述通り、理解して頂けたものと存じます。

ところで、完成品のサリンだが、100%入手不可能というわけではないようだ。御存知のとおり、ヨーロッパでは、ロシアからと思われる核物質の不正輸出が摘発されている。これらの中には、充分に核兵器を製造できる量のものも含まれ、ロシアの核に対する管理体制の不備が指摘されている。トップ・クラス、いやトップそのものの管理体制が必要とされる『核物質』でさえ、この有り様である。ソ連邦崩壊後のロシアの特に軍関係の管理体制の現状は、お寒いばかりと言った所だ。
ましてや、『貧者の核兵器』の保安管理体制が、いかように扱われているなどは、まさに推して知るぺしと言った所ではないだろうか。『核兵器』でさえ、その材料が流失している現状にあって、格下の『化学兵器』やその原料が、海外に流失していないとは誰が保証するのだろうか。
ついでだが、ガスマスクや防護服といったものは日本でも手に入る。マニア向けのミリタリー.ショップなどで、米軍放出ものが販売されているからだ。銃器などと違い、それらの品は使用できる状態で売られている。また、ロシアなどに目を向ければ、軍用品など、簡単にしかも格安で入手できる。もし、それらの品を手に入れたければ、モスクワに寄ると良い。ホテルに着いたらテレビのオスタンキノ放送をお勧めしたい。画面に登場する麻原氏に郷愁をそそられる事でしょう。何しろオウムは、その放送局を買収し、信心深いロシアの皆さんに布教を行っているそうだから。ちなみに現在、オウムとモスクワ市当局とは、大いに揉めているそうである。市当局は、オウムの布教活動に違法性があるとしているそうだが、願わくば、ロシアに行って悪臭タレ流しビル騒動のような事に成らないと良いんたけどねえ。

終わりに。
さて、及び腰のマスコミの皆さん、この文書を最後まで読まれたことに感謝します。この文書は、『怪文書』であります。したがって私は卑怯と思われる方もお出でしょうが匿名とさせて頂きます。
内容が内容だけに訴訟好きのオウムの弁護士さんを狂喜させる必要もないでしょう。くどいようですが、この文書は『怪文書』です。したがって、『このような物』が世間に出回っていて、それを『紹介』すると言う形式を取れば、オウムの弁護士さんの手を煩わせることもないでしょう。なにしろ実際に『怪文書』なんですから。この文書を何らかの形でご使用なさるもなさらないも編集者の自由意思でえす。なにぶん、『怪文書』ですから。
本文中でも述べましたが、私は、この推論があながち的外れなものとは思っていないのです。『凶器サリン』に必要な『人、物、金』そして、『動機』。彼らにはそれらの条件がすべて揃っています。そして、気の廻しすぎかもしれませんが、『最悪の選択』についても同様です。それ故に私は、その『選択』が行われる前に警鐘を鳴らしたい。彼らが再ぴ『過ち』を自らに冒す前にそれをしておきたいのです。せめて今は、安らかな眠りを得ている子等のために。

この文書によって、被害者の方々やご遺族のお気持ちを傷つけるようなことがあれぱ、謹んでお詫び申し上げます。また、特に事例として上げた特定の方々にご迷惑が掛からないように出来ますれぱ、ご配慮をお願いします。
『松本サリン事件』に因って亡くなられた七人の御霊に哀悼の意を表し、終わりの言葉と変えさせて頂きます。

謹んで、亡くなられた被害者の方々のご冥福をお祈り申し上げます。

一九九四年九月某日
HtoH&T.K 感謝を込めて。


追伸1
元旦の読売新聞一面には、さすがに驚かされた。何故なら、『サリン残留物』の発見された、上九一色村こそが、『旅館経営者拉致事件』の中継地として登場する『山梨のオウムの施設』の所在地であるからだ……。そして、もう一つハッキリしたことがある。今回発見された『サリン残留物』の発生時点が、『松本ケース』の十二日後だという点だ。つまり、あの『気の毒な会社員氏』が、わざわざ、上九一色村まで出向き、『過失によってサリンを合成』してしまう可能性は、小数点以下の数が無限大にゼロだということだ。
では、『松本……』は、彼の過失で、上九一色村は、別のものの仕業?それこそまさに愚の骨頂と言わざるを得ない。サリンを持って、うろついている連中が、そう何組もいたのでは、溜まったものではない。
それは、さておき、百歩譲って、借りに額面通り、オウムの言う『毒ガス攻撃』が本当だとして、それは何らかのテログループの犯行となるわけだ。いずれにせよ、『松本ケース』が何らかの実験的要素を持っていたことは、否定できない。『解放された空間・オープンスペース』での『結果』が、七人死亡、重軽傷者、二百名以上。もし、これが、『閉ざされた空間・クローズドスペース』たとえば、満員の地下鉄や巨人戦の行われている東京ドームなどで、サリンが放出されれば、その結架が目を覆うかりの惨状となることは、容易に想像が付く。
しかし、しかしだ。繰り返しになるが、何故、オウムは法に訴えない?
そして、なぜ、毒ガスがサリンだと知っていた?
彼らは、オウムの存亡の掛かった脅威に対しては、必ず、『法的手段』によってその解決を図ってきた経緯がある。しかも、しかもだ。今回はその脅威の矢面に立たされているのは、『教祖の生命』ではないか。これほど、これも繰り返しになるが、『訴訟好き』の集団が、今回に限って法に訴えない。何故だ?
それこそが、何かを物語ってはいまいか。そして、この『サリン残留物』、上九一色村で発見。これは、もはや、偶然の領域より、はみ山出し始めている。借りにオウムが『毒ガス攻撃』を受けていて、そのために金銭が必要となったとするならば、一応の説明は付く。
しかし、しかしだ。執こいようだが、声を大にして訴えたい。
彼らは、『坂本弁護士一家失踪事件』の際も『九州オウムキャンプ建設騒動』の際も、『旅館経営者拉致事件』の際も、必ず、法を『楯』にしてきた。更には、積極的にマスコミを利用し、『坂本弁護士ケース』では、自ら、『法秩序を守るために警察に協力する』とまで、公言していた集団が、この『訴訟大好き』集団が、今回に限ってそれをしないのは、
何故だ?

追伸2
ぼやけていた焦点は、一点に向け、収束し始めている。それにより、『第二の平沢貞通』にされかかっていた『不幸な会社員氏』が、その恐怖より、一刻も早く解放されることを望む。そして、一刻も早く、正しい焦点を見出さなければならないわけが我々には、ある。それは、宗教の名のもとに狂気が、『最悪の選択』が、行われることを防がねばならないからだ。『輪廻転生』死して後、生まれ変わることを曲解し、神を騙るものによって、『狂気の選択』が、行われる前に、正しい焦点を合わさねばならない。一刻も早く。
いよいよ、オウムが、彼らの行動様式とおりに動き始めた。『逆説的訴訟』の提訴である。づまり、かえって疑問点が強調されたといってよい。『松本事件』の数箇月も前から、その『予言』を『強調』し、『法』に訴えることをせず、『松本事件』が発生した。相前後して、『上九一色村』でもサリンが発生した。だが、彼らは、95年まで、『沈黙』していた……何故だ?
そして、この訴訟が、『サリン残留物、上9一色村で、検出』の記事が、公にされてからなのは、偶然なのか?
何故、毒ガスが『サリン』だと何箇月も前から知っていた?
借リにオウムが、『被害者』であるなら、『加害者』の『要求』はないのか?
オウムの壊滅が目的なら、青山の本部をね会った方が効果的ではなかろうか?
そして、それが事実であるなら、何故、警察に『現場検証』をさせない?
都内道場建設時の『猛烈な悪臭』発生と今回の『サリン残留物』発見時の悪臭騒動。そして、松本でのサリン事件。すべて偶然だというのか?
また、都内道場建設時に悪臭の原因として、説明していた、『浄化』のために使った『オウムの香水』とはいったい何なのか、そして彼らの言う『浄化』とはどんな意味があるのか?
『加害者』の目的が、オウム『攻撃』ならば、何故、松本での事件が起こったのか?そして、『オウム』の人間に一人として、『被害者』が存在しないのは、何故だ?
もし、『攻撃』にガスマスクなどで、備えていたとするならば、なぜ、攻撃がある事を知っていたのか?
彼らの得意とする『逆説的訴訟』によって、矛盾は、解消された。導き出される答えは、一つでしかない。
それこそが、真実である。



サティアンズ 第十一解】へと戻る
サティアンズ 目次篇】へと戻る
関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 15:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |