≫ EDIT

【再掲激情】サティアンズ 最終解 ─終段-結【地下鉄サリン事件】

title前解へ戻る39  title目次へ39  s00主な登場人物01  s00事件関連年表01 



赤い毛糸にだいだいの毛糸を結びたい
だいだいの毛糸にレモンいろの毛糸を
レモンいろの毛糸に空いろの毛糸も結びたい
この街に生きる一人一人の心を結びたいんだ

──坂本都子の詩




s30おとこはあさはら さっきの頁へと戻る

麻原彰晃逮捕されてから9時間後。

s30とちょう

1995年5月16日 午後7時──

s30こづつみばくだん
whitespace10*10
東京都庁小包爆弾事件

s30ほんをくりぬいて 
郵便小包で届いた単行本は中身をくりぬかれRDX爆薬が詰め込まれていた。中川智正菊地直子上九一色からこそっと持ってこさせた化学物質を配合して作った。

RDX軍用炸薬にも使われ、プラスティック爆弾の主成分もこれってかんじの超強力な爆薬である。ムダに科学力ある中川甲本ヒロト水道橋博士は同級生あだ名はケツ。

小包爆弾を開けて本をめくった秘書室副参事内海正影は左手の指ぜんぶ、右手親指を失い、右耳鼓膜破れるなど重傷を負った。

これがオウム真理教、最後のテロ事件となった。

麻原逮捕オウム捜査線はなだれ込み式に最終局面へ突入するのである。

≫ 続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

| 再掲激情@地下鉄サリン事件 | 18:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【再掲激情】サティアンズ 最終解 ─終段【地下鉄サリン事件】

title前解へ戻る39  title目次へ39  s00主な登場人物01  s00事件関連年表01 



私は高橋シズヱさんに聞いたことがある。
高橋さんは林郁夫を最も恨みますか」

その質問に対する高橋さんの答えが私を驚かせた。

「いいえ、一番恨んでいるのは警察です

坂本事件のときも、上九一色村の施設建設のときも、
警察への訴えはみな無視されました。もしあのとき、
警察が行動を起こしていたら、地下鉄事件は起こらず、
主人が亡くなることもなかったのです」

サリン事件死刑囚 中川智正との対話アンソニー・トゥー著より抜粋




s30こんばん 
法務省検察公安調査庁内乱罪破防法の適用に向けて動いている」
「与党の一部先生方も後押しにかかっている」
警察庁内部にも同調する者がいる」

s30よそくどおり 
「しかしウチの大臣まで破防法推しとはなあ。君が正しかった。あの先生は本来ハト派のはずだから正直意外だった。よくあの人の心の変化が分かったな」

「資料をふつうに読めば書いてありましたので」

s30できみの 
「で、君の意見は?」

「政治は移り気です。しかし警察はあえて不変、波風から距離を置き粛々と進むべき、私はそう学んできました」

s30ないらんざ0802 
内乱罪破防法なんて冷戦時代の亡霊を今さら呼び寄せても、
オウムのような集団には無意味どころか逆効果です。

いま教団を解散という形でつぶせば、数百数千の信者は散り散りばらばらとなって社会に紛れこみ、全容が分からなくなるでしょう。

s30なにより

なによりそんな冠を与えれば、麻原殉教者に祭りあげ、反体制のカリスマにしてしまいます。信者は結束を固め、より強固な反社会集団となります。

名誉ある政治犯の勲章を、麻原彰晃に与えてはなりません」

s30ただむか0802 
「ただ、昔っから警察はこうやって政治がからむと滅法弱いんですよねー。
政治とまともにぶつかれば遺恨を残します。

となると皆さんの老後の安定も風前の灯火。
だからここでこっそり集まって暗い顔されてるんですよね」

s30しつれいな 
「相変わらず失礼なやつめ」
「まあ、正直その通りだからな。白鳥警視、君の意見は」

「あらよろしいのですか、たかが警視風情の意見で」

s28にんぎょうだ301 
「意見を聞かなければ、君はまた勝手に動くではないか!」

「では、皆さんお望みのようですので披瀝いたします」

s30メロンだ0406 
メロン大好き


「は?」

≫ 続きを読む

関連記事

| 再掲激情@地下鉄サリン事件 | 18:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【再掲激情】サティアンズ 第二十九解 前編【地下鉄サリン事件】

title前解へ戻る39  title目次へ39  s00主な登場人物01  s00事件関連年表01 



権力恐ろしいんだよ。
国民の不安はよく分かるけれども、
一時の感情で許しすぎると、
取り返しのつかないことになりかねない。
君たちの年代は、権力軍事力などの
怖さへの認識が足りない人が多いんだ。

────後藤田正晴@元警察庁長官@元官房副長官@元法務大臣
────(週刊東洋経済95年5月27日号より)




1995年4月26日 水曜日──

週末からゴールデンウィークをひかえたこの日、
全国80カ所ですでに定例行事オウム教団施設またまた一斉捜索。

s29けんえん 
この日、上九一色第二サティアン秘密地下室を発見。
隠れていた幹部信者2人逮捕した。

s29だいいち 
第一厚生省大臣遠藤誠一@ジーヴァカ正悟師

逃走資金3千諭吉もらって10人九州方面へ逃亡したけども、大金手にして気が大きくなったのかあちこちのホテルや旅館で豪勢にどんちゃん騒ぎ、あっちゅうまに3千諭吉を使い果たし、けっきょく行く当てもなく上九一色に舞い戻っていた。

アホプーである。

s29だいに 
第二厚生省大臣土谷正実@クシティガルバ正悟師

土谷は気づけばノーマークで容疑なかったんだが。たまたま一緒に地下室に隠れてた小宮英子@オウム看護婦@50歳が、杉マリコ*監禁容疑ほかで手配されてたんで、犯人隠匿という素晴らしきこじつけをひねりだして逮捕。

s29なかよく 
あんなに犬猿の仲だった遠藤土谷
けっきょく狭い地下室でなかよくガクブルってて終了。

強制捜査ゴー!どしゅもぁーから1か月幹部信者ザコ信者もつぎつぎ逮捕、
村井秀夫刺殺という劇的ハプニングもおきて。

サリン製造疑惑も連日報道、テレビでオウムの名を見ない日はない今日このごろ、

みんなさんの関心はそろそろある一点へ集約されていく。
 

≫ 続きを読む

関連記事

| 再掲激情@地下鉄サリン事件 | 19:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT