≫ EDIT

【事件激情】ネバタたん(9)【佐世保小6同級生殺人事件】

Chapter9 大人は惑い、子どもは立ちすくみ

sasebo_police.jpg

contents
(8)


■おまえを殺しても殺したりない

6月1日、日差しが強くなりそうな火曜日──。

ミタちゃん一家新聞社支局の上にある社宅で暮らしている。

支局長の父親は朝から洗濯で忙しい。
やもめ暮らしで仕事にも追われ、娘と話をする時間もなかなか持てない。いけないと思いながらもついおざなりに接してしまうことも増えていた。
もちろん娘は可愛い。5年の闘病の末に妻を亡くしたあとも、母親譲りの娘の明るさに救われた。
息子たちからも「妹に厳しすぎる」とたしなめられた。分かってはいるんだが、つい…。

たとえば今朝もそう。
学校に行こうと走りすぎる娘に、体操服は要らないのか、と洗濯物から顔も上げず訊く。

「いらなーい」
「忘れ物はないな」
「なーい」

毎朝のありふれた会話、元気な返事、目に入ったのは娘の手にしていた白い袋だけ。
娘の顔も見ず、走っていく背中すら見送らなかった。


それが娘との最後の会話になった。





1時限目──。
運動会の後片付けだ。
みんなでテントを片付ける。
指図に忙しい担任(男)は2人の様子を覚えていない。


2時限目──。
ミタちゃんが交換日記友にメモを回す。

「もう疲れた。勉強で大変になるし、日記の一部をやめようと思ってる」

メモはネバダの手には回されなかった。でもすぐ耳に入る。
ネバダは素っ気なく言う。
「なんなら全部やめれば」。


それからミタちゃんが「交換日記から外れてほしい」ネバダに告げているのも、同級生たちは耳にしている。

ミタちゃんはネットだけでなくリアルの交換日記からもネバダを切り離しにかかっていた。

じつはここ数日のいさかいの前後に交換日記友の何人かも、やはり嫌気がさしたかミタちゃんに付いたか「やめる」と言い出していた。
だからきっと交換日記友はみんないなくなる。
ネバダはネットだけでなく交換日記も失う。

ミタちゃんはそこまで重大とは考えていなかっただろう。

でも今のネバダにすればなくなっちゃうのは自分の全世界だ。


ミタちゃんはネバダとケンカをした。怒っている。なかなか徹底して激しい追い込み。でも殺されるほどの非があったわけじゃない。
少なくとも
この時点ではいじめっ子でもない。自分がネバダの外界とのアクセスすべて(あくまでネバダ目線)を奪おうとしているのに気づいてたかどうかも微妙だ。

たぶんそこまで考えてないだろう。小6だから。

このとき“もっと仲良し”WKちゃんはどうしているだろう。仲裁しようとした? ミタちゃんと一緒に責め立てた?
たぶん無力におろおろしているだけだっただろう。



4時限目──。
卒業文集の作文テーマをそれぞれ原稿2枚に書くことになった。
担任(男)がみんなに何を書くか発表させている。

ミタちゃんの発表したテーマは「人の心理」。
同級生は「なんか変わった内容」と感じている。

なぜかネバダも同じ。「人がこういう時、どういう気持ちになるのか?どういう表情をするのか調べるとおもしろい」と答えている。


でものちにネバダのランドセルから例の「バトロワ外伝」を書いたノートと一緒に見つかることとなる2枚の原稿の中身は、なぜか人が死にまくるホラーだった。
ネバダはそこにお気に入りの韓国ホラー「ボイス」のセリフを書いていた。

「おまえを殺しても殺したりない」。



4時限目が終わって、

昼12時15分──。

給食の用意が始まった。
担任(男)は教室を出たり入ったりと忙しい。

ネバダはミタちゃんに声をかける。

「ちょっといいかな。話があるんだ」

≫ 続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 16:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |