≫ EDIT

【事件激情】再掲@サティアンズ 第三解【坂本弁護士一家殺人事件】

title前解へ戻る39  title目次へ39  s00主な登場人物01 


オウムを妨害するものは
悪行を積むのと同じである

悪行を積むものが生きながらえているのは、
悪行をさらに積むことだ
悪行を積んでいるものに養われていることも
悪行になる



s02坂本一家アミ02 
坂本弁護士一家“失踪”事件タレコミ投書が投函されたのとほぼ同時期、

s02岡崎複雑因子01 
オウム古参信者岡﨑一明
衆院選挙戦中の90年2月10日、とつぜん脱会>郷里山口へ戻っている。

s02志賀大見得01 
たしかに怪しい点多し。志賀刑事は上司に相談>元信者岡﨑を見張ることに。

s02永田町目周り01 
もちろん「素性の知れない丸メガネの女に教えられまして」
などと上司に言えるはずもないんでそこは伏せて。

≫ 続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

| 再掲激情@地下鉄サリン事件 | 18:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【事件激情】サティアンズ 第二十六解【地下鉄サリン事件】

title前解へ戻る39  title目次へ39  s00主な登場人物01  s00事件関連年表01 



終末論をかかげるカルトは世界に数多く存在する。
だが、自らの手で世界を終わらせようとしたカルトは、
ただひとつ、オウム真理教だけだ。

──ロバート・J・リフトン@精神医学者




s26げつようび

1995年3月20日 月曜日

地下鉄サリン事件発生後──深夜

警察庁、どんより。

霞ヶ関中央官庁、とくに警察庁警視庁職員大量虐殺ねらいのテロなのは明らか。
ニッポン警察も初めて直面する、既成概念の通じない敵だった。

≫ 続きを読む

関連記事

| 事件激情 | 17:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【事件激情】サティアンズ 第二十二解 後篇【地下鉄サリン事件】

title前解へ戻る39  title目次へ39  s00主な登場人物01  s00事件関連年表01

s22number0621.jpg 第二十二解 前篇へと戻る

オウム真理教による犯行の経緯、警察の捜査は、原則公開された情報にもとづく。
登場する公官庁、機関、組織、部局、役職もすべて実在する。
ただし白鳥百合子はじめこの色で示されるのは、架空の人物であり、
実在する人物と彼らの関わりや出来事は、創作全開ソースは妄想である。
またこの色この印*のある人物は仮名である。



s22cptアサシンズ ─後篇 
whitespace6*4
redline640*10


s22もういっかいnew 
「もう一回直訴したら、私クビなのでは?」

s22それはいちnew 
「それは一時解除する。君の見解を聞きたい」

警備局の見解でしたら杉田局長がお伝えしていると思います”
「それは君の“解析”と同じなのか」

s22いえnewnew 
「いえ」

s22早期突入を支持 
「では君は、早期突入を支持する派か」
一刻も早く。19日でも遅いくらいです。総監とは違う理由で、ですが”
「君が急ぐ理由は」

≫ 続きを読む

関連記事

| 事件激情 | 19:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT