≫ EDIT

【事件激情】マーダーズ イン カントリー四th【或る田舎的殺戮】

目次 contents  参rd へ戻る


1997年 平成9年
8月1日

奈良県

「月ヶ瀬中学生女子失踪事件」捜査本部
取調室

policetalk002v.jpg 
「なぜやった?」

seitotalk001n200.jpg 
「………」
丘崎誠人、まるで抜け殻。

learseat001.jpg 
誠人が事件の日からまもなくとつぜん売り払った三菱ストラーダ(中古)の後部座席から血痕が発見され、それが充代のDNAと一致したこと。

seitoscar002.jpg 
現場の路上に落ちてた塗料片ジャージに残されたタイヤ痕。どれも誠人ストラーダ(中古)と一致したこと。
ダウンベストにこびりついてた毛髪の血液型誠人と同じだったこと。

証拠を突きつけ、びしびし厳しく取り調べて、
「てんごしようと思った」
つまりご愛好のAVよろしく少女をラチって鬼畜凌辱ねらい──という自供までこぎつけた。

seitotalk001n200.jpg 
しかしなんと大人しいヤツなのか。
逮捕連行のときにマスコミの前で演じた大暴れと同じ人間とは思えない。

たしかにこの男、仕事も長続きせず転々としたらしい。でも仕事先でモメごとを起こしたことはない。ただ来なくなったり遅刻ばかりでクビになったり。いつの間にかすうっと消えてる、そんなかんじ。
「大人しくて物静かな人」
元同僚たちの共通した印象。

生きる力が少ない。そんな匂い。

前科前歴もない。せいぜい軽めの交通違反くらい。

どうにもやらかしたこととのギャップがありすぎる。

policetalk002v.jpg 
このままでも性的いたずら目的の容疑で立件できるだろう。

でもな──ぬーむ

調べ官はもう少しばかりこの男のことを知りたくなった。
違和感が消えない。この男のおとなしさ、それと、もうひとつ

「なあ、丘崎くんな。君の話を聞いとるうちに、君には別の理由もあるんやないかと思えてきとるんや。聞かせてくれんか」

policetalk003n.jpg 
「さ、もう一度訊こうか。なぜやった?」

誠人はそれでやっと口を開いて、

初めて話したのだった。

seitotalk002n250.jpg 
自分が生まれたときから決まっていた異端の人生を。

≫ 続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 01:50 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【事件激情】マーダーズ イン カントリー 壱st【或る田舎的殺戮】

世の中は、ひと月前に神戸で逮捕された「酒鬼薔薇聖斗14歳」の衝撃にまだざわざわめいていた。

tsuki003;300 
一方、ここ奈良三重の県境でも、

酒鬼薔薇聖斗事件と相乗効果的に近畿一円をパニックに追いやっていた、
もうひとつの事件が、
これもまたXデーの秒読みに入っている。


酒鬼薔薇聖斗事件が新興住宅地で起きたいわば街の話なら、

こちらの事件の舞台は田舎、超地方、山奥、辺境、川べりの丘陵に家屋がひしめく田舎集落

tsuki001;209 
その中でもひときわじめじめした悪地の掘っ立て小屋な家をマスコミが取り巻いて、

その瞬間を待っている。


m1o400.gif 
title003.gif 

はい、予告からあっさり副題が変わっとります。


1997年 平成9年
7月25日
──


奈良県添上郡月ヶ瀬村


村の住民もこそ怪しい、とこぞってうわさしてたし、いかにもは怪しかった。見た目から挙動から暮らしぶりから村での立ち位置からなにもかも。

≫ 続きを読む

関連記事

| 事件激情 | 19:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【事件激情】乙女の祈り。:中篇【宝塚中3女子自宅放火事件】

tkr_logochuhen0x.jpg
  tkr_logopicchuhen.jpg

前篇 中篇 後編

■■ 乙女のソウルメイト
さて、ここで再び半世紀前の南半球、

tkr_nzcrst01.jpg 
クライストチャーチにワープ。

tkr_otome001.jpg 
ポーリーンジュリエット

まるで対照的な2人の乙女。
なのに、なぜかいきなり意気投合して大親友になってしまうんである。

tkr_otome012.jpg  
あなたはわたしのソウルメイトよ!

2人とも作家になりたいと夢見ていて、ファンタジー好きで、好きなオペラに好きな映画スターもおんなじ、さらにポーリーンは先天的な脚の骨の病気、ジュリエットは肺病ほか病弱と幼い頃から長い療養生活したり体育の時間は見学だったりで寂しい思いしてたって過去も同じで、まあ驚くほどウマが合ったんですな。

≫ 続きを読む

関連記事

| 事件激情 | 03:01 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT