≫ EDIT

【事件激情】マーダーズ イン カントリー伍th【或る田舎的殺戮】

目次 contents  四thに戻る


1997年5月4日 奈良県月ヶ瀬村

jerseygirljersey01v.jpg

充代@13歳、自宅に戻らず。
卓球大会が終わって、学校を出て帰宅の途についた──それきり足取り不明

駐在所および所轄警察も捜索を始めた。ふだん事件らしい事件すら起きない田舎なんで警察もみんな慌てた。

通学路沿いを中心に捜索するうち、

05tsuki010209h.jpg 
自宅から400m離れた県道で運動靴を発見。

靴発見場所にタイヤスリップ痕、ガードレールに

4日目に奈良県警はさらに人員投入、本格的捜索を開始。

05tsuki0020200.jpg 
現場近くの公衆トイレの浄化槽から、
切り裂かれたジャージ上下下着リュックダウンベスト@血痕付き
を発見。
下着はなぜか半弧の輪郭で切り取られ。


奈良県警事件性いと高しとみて、捜査本部を設置。
狭い月ヶ瀬捜査員が充満した。村人緊張。


ジャージにもタイヤ痕が残っていた。
路上のスリップ痕もあわせると、大型の四輪駆動車のタイヤ。

seitoscar003.jpg

推理=充代四駆車ではねられた、連れ去られた、
衣服が切り裂かれて捨てられてること、下着の切り取られかた、切り取られた部分が見つからず持ち去られたようで。変質者のしわざ……?

5年前の1992年にお隣の三重県鈴鹿で起きた事件を思い出す捜査員もいる。

sailor220.jpg 
鈴鹿8耐メカニック樋田康則
度を超したJCJK制服フェチ

セーラー服を盗んではカノジョ女房に着せてはハアハア興奮してたが、

リアルで制服女子拉致鬼畜をやりたくてしかたなくなり、
四駆を飛ばして犬散歩中の少女@14歳をはねた。
が、予定よりケガひどすぎたんで、慌ててわざわざもう1回轢いて殺した
そんで死体バラバラにして池に捨てた。
というムチャクチャなやつで、

ほかにも少女拉致強姦未遂傷害5件もやらかし、下半身不随にされた女子高生もいた。

樋田当人はとっ捕まってムショの中で97年当時。99年樋田は獄中で首を吊った

さすがに今回やつが犯人じゃないだろうが、誰かが手口を真似た、模倣犯ではないか。


いやもうひとついやな可能性。

死後硬直が起こると服を脱がせられなくなる。
脱がすには切り裂くしかない。


車使用ってことからもしや村外の人間の行きずりかとも思われたんだけども、
問題の公衆トイレは公道からはパッと見わかりにくい、地元民くらいしか存在を知らない。
犯人=地元民の可能性大。

で、捜査員が村で聞き込みを少ししただけで、すぐ有力怪しい人物が浮上した。

okaface0010250.jpg 
丘崎誠人@25歳@無職

四駆三菱ストラーダ(中古)を持っていて、

seitoscar0020220h.jpg 
昼間っからよく乗り回してた。なのに少女失踪からまもなく売ってしまったらしい。めっちゃ不自然。

そんなことやってるうちに、


5月27日──

兵庫県神戸市の新興住宅地で小6男子が失踪、

policegenbakansho002x.jpg 
切断された首が中学校の校門に置かれる猟奇事件が起こった。

さらに6月に入って「酒鬼薔薇聖斗」を名乗る犯人が、新聞社に挑戦状を送りつける。

lettercrime2nd03x.jpg 
全国の皆さまの興味は一気にそちらへと流れた。

酒鬼薔薇事件月ヶ瀬事件4月大阪浪速小3少女通り魔殺人6月13日三重明和町女子高生失踪事件とあわせ、

近畿一円に殺伐とした空気ただよったんである。

≫ 続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【事件激情】マーダーズ イン カントリー【の予告】

COMING SOON

m1o400.gif 
m2.gif…の予告篇


語り継がれるおどろな伝説(落武者やら鬼やら)──
呪われた家系──
悲しき業と因習──
そんな耽美横溝な田舎なんて、
いまだかつて日本のどこにもなかった!


で、反対に、

おおらかで素朴で癒しで、

tanbo01n250.jpg village01n250.jpg 
脱サラで暮らしたい田舎暮らし

noukafigure250.jpg  
こんなのどかなじいさんばあさんも、

noukafigure250gray.jpg 
残念ながら虚像にしてファンタジー

そこにひそむもうひとつの顔──

≫ 続きを読む

関連記事

| 事件激情 | 14:57 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【事件激情】マーダーズ イン カントリー伍th結【或る田舎的殺戮】

さっきのページに戻る

05budo130220.jpg 
たちまち修羅場が。夫婦仲はもちろん極険悪に。
不倫相手のヤス子もここぞとばかりご近所からバッシング。

05budo070220.jpg 
勘弁してもうたまらんこんなの。
ヤス子イケメンに「もう別れます」

これを聞いてイケメン、ぶちっ。

えーい、みんな死んじゃえー!

三角関係の清算。もはや修復不可能な女房とかわいさ余って憎さ百倍の愛人
でも2人だけ殺したんじゃ自分のしわざともろ分かりすぎる。お、そうだ、三奈の会があるじゃないか、あの2人以外の女も何人か死ねば、きっと紛れて分からなくなるぞ、おれあったまいー。

05budo050188.jpg 
というのが奥西勝の自供。
なんか「もう別れます」から、みんな死んじゃえー!に百万光年くらい飛躍がある気がするんだが、みんな納得したらしい。

いつ毒を入れたか、アリバイは、証言は、証拠は、っつうデータベースは「田舎的」とあんま関係ないし、たくさんありすぎなんで略。
気になる人はもっと満載に詳しくて丁寧な
このへん↓見てつかあさい。

名張毒ぶどう酒事件/無限回廊
冤罪(誤判)防止コム:名張毒ぶどう酒事件
「名張毒ぶどう酒事件」、最高裁が再審判断差し戻し/SCRAMBLE-8

さて事件解決で、葛尾の人々はほっと胸なで下ろし。

05budo140200.jpg 
人口たった100人の隔絶された集落で、
どうみても住民のなかに毒殺犯がいるしかない状況。
事件が長引いたら、みんな疑心暗鬼で結束も崩れてコミュニティが崩壊しかねない。

奥西イケメン勝は、丘崎誠人のようなデフォルトの異端者じゃなくておらが一党だったけども、まあイケメンだし不倫してたしな悪いコトしたらいかんよなイケメンだしな。
で、当の原因になった千恵子ヤス子も死んじまってるしイケメンだしな。

05budo110200.jpg 
という安堵もあって余裕こいたか、

05budo060200.jpg 
「えー皆さん、イケメンくんの家族もまた被害者であります、皆さん責めたりしないで手をさしのべましょう

と村内スピーカーで友愛宣言マザーテレサと呼んでください。

が、

まもなく、
逮捕直後からイケメン否認に転じる。

あの公開自白
警察に『家族を救うために会見で謝罪しろ』といわれて言わされた」
と主張。

イケメン無実主張」の知らせは、葛尾にも届いた。

05budo100240.png  
その瞬間──
マザーテレサズが、

05budo060240.png 
豹変


2002年 加古川

20世紀が終わり、ミレニアムに入り、

05hocho010200.jpg 
さすがに日頃から包丁を見せびらかして歩くようになったヤスのデンジャラスに、
母屋もご近所もやばいと感じるようになったのか、

「なんとかしてくれ」
警察に訴えた。
でも、
「実害ないんなら、動けへんよ」
交番で門前払いされたとかなんとか。

05kakopoli0020220.jpg 
タツヒコ*氏が突き飛ばされてコケたときは、110番で警官が駆けつけたんだが、
「地域で解決してください」
ヤスに会いもせず引き揚げたとかなんとかかんとか。

保健所精神病院に入れてくれ」とも要請。
でも、
「この程度じゃ措置入院はやれへんですな」

ちなみに措置入院とは本人の意志に関係なく強制的に病院送りにする「狂ってないっおれは狂ってないんだああああーー」黄色い救急車走り去るイエローピーポーの都市伝説の図的なアレなんだが。

hani220.gif 
ご近所はついでに↑このくらいの目に遭わせろと所望だろう

「それなら保健所から本人の母親に精神科の受診や入院を勧めてもらえへんか」
ご近所食い下がる。

じっさい母キミヨ*ヤスがなにかやらかすたびに、
「堪忍なあ、堪忍なあ」
と謝り回るし、
「頼むから警察には言わんといてえ」
と懇願するんだが、
そのじつ息子を叱るとかたしなめるとかまったくしないのだ。47歳中年息子を甘やかすというのもヘンだが、そんなかんじ。

結局ご近所さんたち、「仕返しが怖いから」
と尻込みして相談そのものを取り下げてしまう。

kakopoli0010220h.jpg 
「じっさいに暴力をふるわれたり脅されたのなら、被害届を出してもらえばねえ、警察としても動けるんやけどなあ」
加古川署署員が水を向けても、
誰もネコの首に鈴をつけには行くとは言わない。

「包丁持って歩いてるし殴ってくるし怒鳴るし怖いし、いま逮捕できないんですか」
「それは難しいなあ。これからも一緒に近所で暮らしてかれるんでしょうし、町内の皆さんで話し合いとかでね、解決できないんですか」

「無理ですっ、話なんて通じやへん相手なんやっ」
「いやあ、しかし、何もないのに捕まえるとかできないからね」

で、案の定、事件のあと「警察に訴えても何もしてくれなかった」とバッシングされるんだが。

ちなみに、
nanyatokora250.jpg 
このタツヒコ*氏突き飛ばされ事件で、
仮に警察「何かしてくれた」としてどうなるかというと…

まずタツヒコ*氏から被害届
ヤス暴行とか脅迫とかで引っ張る。
また突き飛ばされ現場を目撃してたご近所の証言も漏れなく必要だ。
あ、でも又聞きは×ね。「みんなそう言ってる」も×。直接見た人のみ有効

でもこの程度だとそもそも立件しないとか不起訴になる可能性大。
起訴されても初犯だしまず猶予付き。

05tsutejo200.jpg 
まあ仮に仮にだぞう可能性は低いけどもヤスがこの時点で最大限に重い処分、半年1年くらい塀の向こう時給6円10銭の世界に行くとする。
ご近所の被害届ご近所の証言によってである。

半年か1年くらい後にはヤスは帰ってくるわけだ。

自分を刑務所にぶち込んだ連中のところに。

yasuokoru001n200.jpg  
おそらくめっさ恨み骨髄怒り心頭で。

noisewoman.jpg 
(ちなみにかの“騒音おばさん”懲役1年の実刑。出所後、例の家には帰らず、夫と娘が更正を約束して別の家に引っ越した。しかしヤスだったら意地でもご町内に乗り込んでくるだろう)

まあそこまでいかなくても、
警官ヤスと話してヤスも素直に応じたとする。

「まああんたも大人なんだし、ケンカじゃなくて話し合いで解決しなさい。おかあさんも心配するよ」
などと諭されて一件落着、
という分岐もある。

ただし、警官が帰ったあと、ヤスは家から飛び出して近隣一帯にわめくだろう。

05kako04250.jpg 
「ポリにいらんことしゃべったのは誰や!」


これが「警察がなんとかしてくれた」場合の予想される現実で。

ぜんぜん解決になんないんである。


警察ヤスに、
「親子そろってこの家から夜明けまでに出て行け、さもないと母親も逮捕するぞ」

なんていう強制はしないしできない。

「地域で解決を」と帰っちゃった警官はまあ単にまんどくせえから逃げただけかもしんないけども、
警察がご近所問題に首突っ込んでもロクな結果にならないってのも現実だったりするのだ。


加古川署も悩ましいところで、ヤスの件もエスカレートしそうな前兆こそあるんだが、まだグレーなデンジャーゾーン。ぬーむ。

その種の仲裁的防犯は警察の最も苦手とするところなんでねえ。

05Millais200.gif ミレー「鍬を持つ男」
前年6月志方町で起きたクワぶん回し通り魔も、やっぱり前から包丁で子どもを脅したり自宅で放火未遂をやらかしたりご近所のトラブルメーカーだったし。

警察庁桶川ストーカー殺人児童虐待死家族間殺人で叩かれまくって、金科玉条だった民事不介入から防犯的早期対応にシフトを切り換えていた。
加古川署もなんもしないわけにもいかない。

policeguardcars.jpg 
パトカー白バイでできるだけ多めに巡回、ヤス本人を刺激しないようにしつつ、警察の存在をさりげに感じさせて牽制しておく対策を打った。
ここまでは法的に限度だろって対応で、お巡りさんとしては良心的に頑張った部類だろう。

が、肝心の事件当夜警察は思わぬ下手打ちをしてしまうんであるが……

さて、
ここまでこじれてしまったのは、たしかにヤス本人の特異なパーソナリティーがいちばんの原因だった。都会にいたっていつか何かやらかす部類だ。

でもそれだけがすべてじゃなく。
その危険な種子にせっせと10年20年も燃料投下を続けたのは、母屋であり近隣住民たちだった。

もう引き返せないとこまでヤバくなったときも、和解の道を探るんではなく、
刑務所にぶち込んでどっか行ってもらうの術か、
精神病院にぶち込んでどっか行ってもらうの術で、

そして民主主義国家の法律ではそういう都合のいい排除ってのはできない。

彼らは自分たちが知らず知らず養分を与えて大きく育てた異形の怪物があまりに怖そうなになっちゃっておののいていた。

book_muen.jpeg book_yuen.jpeg 
いま、孤独死が嘆かれ、無縁社会が嘆かれ。
昔はよかった的に。地域コミュニティを取り戻そうオー!なんだけども、
でも昔ながらの有縁社会とやらを、社会構造も変わっちまった現代にまんま持ち込むと、こういうひずみも生まれる。

一方、

brotherstosister220 のコピー  
ヤス

不肖の兄者とはちがって、@4つ年下@6つ年下は、人並み以上にまっとうに育って、ふつうに学校に行き、ふつうに大人になって、ふつうに職に就いた。

ヤス弟妹だって木や石じゃないから母屋とご近所の仕打ちはもちろん不愉快だったけども、2人は賢明にも「エクソダス」を選ぶ。独立したり結婚したりで実家から去った
で、もちろんそれであっさり解決した。
母屋とご近所の勢力圏なんてご町内限定なんだから。


というわけで残されたのは老母無職の息子きゃー。

wankos250.jpg 
は老いると憤怒るちゃんを心配して、引っ越しをしきりと勧めた。

でもヤスはうんとは言わない。

05yasueye010250.jpg 
「それやとヒサコ*の婆ァの思い通りや」
目が千葉真一だった。
「出ては行けん」


そして、2004年8月1日

kakogawa011;234

加古川花火大会の夜が来た。



th 或る田舎的 大虐殺】へと続く


目次 contents
> 参考文献 web_book_magazine

関連記事

| 事件激情 | 00:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |