≫ EDIT

【事件激情】サティアンズ 第四解【地下鉄サリン事件】

title前解へ戻る39 title目次へ39  s00主な登場人物01 


1. 信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。

──────────────日本国憲法 第20条



stitleサティアンズ001 

オウム真理教による犯行の経緯、警察の事件捜査は、原則公開された情報にもとづく。
ただし“丸メガネの女”はじめこの色で示されている警察官は、架空であり、
実在する警察関係者やオウム信者と彼女らの関わりは、創作全開ソースは妄想である。



s04cpt古き兵ども

いええいっ、やあああっ、
たあああっ、おおおっ、


たあッ

s02剣道痛たた022 
「あ、あ痛たたた、タンマタンマ!

「よし、それまで!

s02剣道面外し011 
s02剣道ふう011 s02剣道いい汗かきました022 
「ふう、いい汗かきました」

s04本郷なにがいい汗 
「いい汗って、やーやー叫んでるだけで途中ずっと座ってたろ。
佐々さんより息上がるの早いんじゃどうしようもないぞ」

s02剣道こら聞こえ01 
「こら、聞こえとるぞ」

佐々淳行@突入せよ!あさま山荘事件
s02佐々なぜおれが02 
@元警察庁刑事局参事官@元防衛施設庁長官
@元内閣安全保障室長
@現 危機管理コンサル業とかいろいろ

「なぜおれが最低水準のような言われようなのだ」
「あ、これは失礼しました」

s02緑茶01 
「しかし、土田先生、お元気そうで安心しました」
「心配をかけてすまなかったね」

s02佐々とんでもない011 
「とんでもない、そのご心労に拍車をかけし不逞の輩がおると聞き、恩知らずにもほどがあるとこの佐々、大いに憤っております」

s02永田町え誰ですか011 
「え、誰ですか、それ」

≫ 続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情一覧 | 14:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【事件激情】ハラハラクロック! 19発目 終-結【連続企業爆破】

tocontents18.gif 

前頁(19発目 最終章 ■運命のかぎ爪が ■流れ我が涙、と警官は言った)へと戻る

h19特別機と人々の列300 
h18護送の役人たち250 

「続いて──大道寺あや子です」

h19大道寺あや子登場300 
東アジア反日武装戦線の──」

h19大道寺あや子護送300 
「──赤いジャージを着ています、大道寺あ

h19永田町見つめる240 



h19あや子目を向け240 



h19ストロボ光る170161 



h19あや子照らされ240b 



h19あや子見返すh145b h19永田町見つめる2sh145b 
 
 
h19永田町にらむ169200b 

h19あや子見返して2s237b 


h19ストロボ1s190160 

h19ストロボ2s190160 


h19ストロボ3s190160 




h19あや子うっすら笑う348 



h19永田町愕然155247 




h19あや子向き直りp260




h19あや子タラップ昇る300 



h19永田町慌てて目で追うが240 

道関係者の列の間を通って

h19あや子はすでに見えず240 
──機内に今入りました。続いて仁平──」

h19永田町視線落とす170 

「このあと日航護送機は、石井一運輸政務次官を団長とした政府派遣団釈放犯6名を乗せ、羽田を出発、バングラデシュダッカ空港へと向かう予定で──」

h19永田町疲れ227 

「おい、解析屋

h19永田町我に返る240 

h19本郷永田町に近づく236 
「やっぱり来てたか」

h19永田町微笑210 
「そちらこそ」

h19本郷見上げる210 
「ま、おれもいちおう見届けたかったしな」

「聞いたぞ、おまえ偉くなったんだって?」
「それほどでは。そちらは課長補佐代理になられたそうですね」
「まあ、いちおうな」

「前の課長代理補佐と、今の課長補佐代理と、どちらが偉いんですか?」
「うるせーよ。知らんおれも」

h19永田町と本郷歩く足1s280 
「おい、次なにが来そうだ? おまえの予言きかせろ。おれの手柄にしてやる」
予言じゃないです、解析です解析

そうですねえ、じき赤色は廃れてトレンドカラーじゃなくなります。
そう、あと10年か、遅くとも15年かな。

はともかくソ連10年かそこらで消えるかよ。
まあいいや。じゃ、そうだとして次にやばそうなのはなんだ」

h19temple* 
「──宗教、かな」

宗教仏教とかキリスト教とか?」
「いえ、そういうのじゃなくて、もう少しちがうやつです。たとえば……ピープルズ・テンプルってご存じですか」
ピープルズ・テンプル? 人々の…こめかみ?」

宗教だって言ってるのにそこでこめかみにいくのがさすが本郷クオリティーですね。ボクシングじゃないんだから。流れからして寺院に決まってるでしょ」
「なんだそりゃ」

h19永田町本郷去る2s200200 
アメリカの、というかいまはガイアナかな。その動きを注意して見てます。まあ次に来そうなのはそういうのですね」
「どういうのだ、ちっともわからん」

「説明めんどうなんで報道で知ってください。近いうちニュースになりますから」
「また解析ってのか」

h00永田町顔3_h207「いえ、これは予言です」


h19機窓から夜明け220 
大道寺あや子、新たな門出の衣裳は、
将司母親から拘置所に差し入れされた赤いジャージ。

日本を去った。
ひとこと言い残して。

「先に行くね」



h19chapter夏、釧路でkk3

ha19腹腹時計秒針259 
腹腹時計の針、もうすぐ止まる。

硝煙臭い戦国武将も、パーティから去る。

h19土田総監ドット化220 
土田國保@警視総監

1978年1月
制服警官による女子大生暴行殺人事件

巡回中のお巡りさん、白昼堂々、美人女子大生のアパートに押し入って強姦殺害。

h19警察官制帽200 
殺人巡査松山純弘
どうしようもない不良少年が、どうしようもない不良警官になった。

警察戦国時代の人員不足のどさくさで、
こんな腐ったみかん類まで警察にまぎれこんじゃってたんである。

前代未聞の不祥事警視庁大混乱。
土田の忠臣村上健@刑事部長、心労過労で急死。

その公葬葬儀委員長が、警視総監最後の公務になった。

葬儀を終えると、土田総監を辞職、警察を去った。


淺沼清太郎@警察庁長官
入院してたりのせいか、ほとんど存在感消えてたが、いちおう当時の長官
h19成田空港管制塔占拠h210 
1978年3月 開港直前の成田空港管制塔極左過激派が占拠。
開港は延期、日本は世界にむけて大恥をさらすことに。

淺沼は空港警備の不手際を問われ、のち長官引責辞職

長官には山本鎮彦@次長、新次長三井脩@警備局長山三コンビが昇格した。

(゚д゚)(゚д゚)ウマー


ひめゆりの塔事件2s220 
またもや美智子様危機一髪!

ひめゆりの塔皇太子夫妻襲撃事件

警備責任者だった警察庁警備局警備課長佐々淳行@突入せよ!あさま山荘事件は、
次の人事で三重県警本部長に左遷された。


ドラえもんのヒロインと同じ名前のおっさん@通称“ドン亀”
いろいろあって長官官房調査官を最後に警察を退職。

のち政界入り、かつて対決した新左翼出身の政治家たちと連立与党を組むとは、
このとき誰も思うめえ。


そして“彼ら”──

h19bloodandrageh250.jpg 
ほぼ全面的大勝利で全世界的に名を轟かせたダッカ事件のあと、
彼らは皮肉にも滅びの道をたどり。

冷戦の終わり、ソ連の崩壊──
テロリストの棲まう聖域もまたみるみる細り。


1995年3月──

h070r0220_20120516130110.jpg 
浴田由紀子@日本赤軍
@元東アジア反日武装戦線「大地の牙」

旧共産圏だったルーマニアで拘束。日系ペルー人を偽っていた。

チンペイ18年ぶりの帰国は手錠付き1児の母になっていた。

でも、まさにこのとき、全日本的に地下鉄サリンオウム騒動で激震中。
囚われのチンペイ帰国はまったく注目されず。

走る護送車から旧友らにきゃっきゃ手を振ったり変わらず無邪気なチンペイ

浴田由紀子
h19由紀子赤化200 
@無邪気でも懲役20年服役中


アメリカ、ペルー、ボルネオ、ネパール、レバノン──
日本赤軍は、潜伏先で次々と狩られていき。


──2000年 新千年紀前夜

h19重信房子h210 
重信房子@日本赤軍の女帝大阪逮捕。

って日本にいたのかよ!

h19重信房子逮捕200 
おばちゃん化に敵も味方もショック。なにかが、終わった。

翌年2月──
重信房子、獄中から日本赤軍解散宣言」

数人の残存メンバー、反発。「勝手に終わんな」「まだ戦いをやめない!」
海外から連名で日本赤軍解散宣言無効宣言

その残存メンバー連名に、“彼女”の名もあった。

≫ 続きを読む

関連記事

| 事件激情 | 20:26 | comments:1 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

【事件激情】ハラハラクロック!17発目【連続企業爆破】

tocontents18.gif h17title16発目へと戻る18 
h登場人物h20 
h連続企業爆破事件関連年表h22



  「弱い人の力になれる職業に就きたい」

   ──駒沢あや子 釧路湖陵高校3年生




h17作業所爆発300 
──4月28日 
間組京成江戸川作業所
間組への2度目の爆弾テロ

当直の間組社員@25歳、重傷


h17titleハラハラクロック!1s370 

警視庁公安部による捜査は、
公になった記録や被告の手記などからだいたい事実に即してる。

「爆弾本部」も実在した部局である。
が、文書解析班をはじめとする公安部員は、
架空の人物であり、例によってソースは妄想である。

また東アジア反日武装戦線のうち何人かは、
もはや真実を語ることができない。
彼らの会話や思考の多くも創作である。

5月18日夜の大道寺夫婦の会話で語られる逸話は事実だが、
会話自体は捏造である。



h17土田総監怒200 
土田総監、もちろん激怒。
人的被害を出したら、すべて公にすると言ったでしょう!」

中島公安部長はすがりついて、
把握しているメンバーはぜんぶ監視していた、テロを眺めていたわけではない、
まだつかんでいないメンバーがやったに違いない、
ぼくは悪くない、

たぶんそのとおりで、

h11さそり02210 h11さそり03210 
まだ爆弾本部「さそり」宇賀神桐島の学生コンビの存在をまったく知らなかった。たまたまだけども監視が始まってから黒川と顔を合わせてない。

宇賀神桐島明治学院大コンビは、ゼミのレポートで日雇ガテン体験をするため山谷に来ていて黒川芳正と知り合った。それで師弟ぽくなったのが始まり。

で、「ドンスィンク! フィーーール」とかやってたんだが。
(ギャグではなく「理論なんか勉強しなくても闘争やってればそれっぽくなるから」ってほんとに言ってた)

とうぜん普段の生活ではリンクしない間柄で、周りにも知られてない。

「狼」「大地の牙」メンバー同士がもとから夫婦だったり同棲してたり友だちだったりやたら気軽に会ったり、なんというか詰めが甘いのに比べて、「さそり」の方がより結果的に秘密結社らしかった、ってところだが。
あの愚かにもほどがあるリーダー三者会議共同作戦さえなければ、「さそり」は見つからなかったんじゃないか、である。

土田総監も怒りをおさめて、
「一刻も早く全容をつかめ」

公安部がここまでだらだら敵を泳がせてるのは、いまだに黒幕がいて命令してる、とみて、その尻尾を掴もうとしてたからで。

でもいないものは何百年泳がせても掴めないんだが。

これについては永田町1丁目の10はいちばん最初から、
h14永田町じろりh30腹腹時計を媒介にした頭部のない流動的な組織」
主張し続けてるんだけども、

そこは爆弾本部警視警部たちに意固地なまでに無視され、偉いさん方にも受け入れられなかった。みんな同列だったら誰が指揮するんだ、そんな過激派あるわけがない、
自分たちが上意下達の組織の一員なのもあってかたくなに凝り固まってたんである。


──そして4月の終わり

ついに歴史が動く。

≫ 続きを読む

関連記事

| 事件激情 | 18:30 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT