≫ EDIT

【事件激情】ウルトラNW : 乗継便【中国100年マラソン】

*第17便──────────*new
un00modoru.jpgwhitespace*200*20un00mokuji.jpgwhitespace*200*20un00tojo.jpgwhitespace*200*20un00shiryo.jpgwhitespace*200*20un00nenpyo.jpg
【事件激情】ウルトラNW : 乗継便【中国100年マラソン】(第18便)


日本解放の当面の基本戦略は、日本が現在保有している国力の全てを、
我が党の支配下に置き、我が党世界解放戦に奉仕せしめることにある」

────────────日本解放第二期工作要綱A. 基本戦略より




  「日本解放第二期工作要綱」は、中央学院大学の歴史学者西内雅教授(故人)が
  1972年昭和47年)にアジア諸国を歴訪したとき、もしくは香港で学生から入
  手したとされる文書。同年、右系政治団体機関紙「國民新聞」に掲載された。

  
中国共産党日本国内の工作員に指示した情報戦略で、政党工作マスコミ工作
  親中の民主連合政府形成を経て、日本赤化中国の傀儡化をめざすという内容。

  第一期第三期は未入手、存在するかは不明。

  この文書の内容から、未入手の「第一期」の目標は「日中国交正常化」と推定さ
  れ、1972年田中角栄内閣で実現した。「第三期」のすなわち最終目標は「
  本人民政府樹立」「戦犯首謀者である昭和天皇処刑」と考えられる。

  本物か捏造かは不明で、裏付ける情報が皆無であり、西内が元帝軍関係者で皇国思
  あふれる人物なことから、大手メディアでまともに紹介されたことはない。

  だが、初出から2009年民主党政権誕生、小沢朝貢団訪中に至るまで30年
  上、日本国内の情勢は、ほぼこの文書に沿って進んでいた。

  ちなみに中国共産党がこの文書に言及したことはない。



un18peop.jpg 
中华人民共和国
People's Republic of China

中華人民共和国

东北 吉林
Northwest China, Jilin

東北部 吉林省
whitespace10*10
un18リュウさ 
リュウさん、日本から荷物が届いたよう」

un18おおリー 
「おお、リーさん、おはよう、今日もいい天気だね」

un18おーみご 
「おーこれは見事な水蜜桃だ。

おーい、春燕チュンイェンおばさんからが届いたぞ」

≫ 続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 19:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【事件激情】ウルトラNW: 第15便-続【南京大虐殺()】

*第14便
un00modoru.jpgwhitespace*200*20un00mokuji.jpgwhitespace*200*20un00tojo.jpgwhitespace*200*20un00shiryo.jpgwhitespace*200*20un00nenpyo.jpg
【事件激情】ウルトラNW: 第15便-続【南京大虐殺()】
un15にほんぐ02.jpg ≪ *クリック第15便前半へと戻る



「自分たちの赤化運動はすでにその目的を達し、
日本は遂に大戦争に突入し、革命は必至である。
自分の仕事が九分どおり成功しながら今その
を見ずして死ぬのは残念だ」


──尾崎秀実@ゾルゲスパイ団
──尾崎秀実@1941年逮捕44年処刑




un15title03.jpg

登場する事件テロ紛争戦争、その捜査は公表された情報に基づく。
黒字の人物赤字の人物紫字の人物および各国の機関団体部局は実在する。
ニイタカ・ヤヨイ-カトリーヌ白鳥百合子この文字色は架空の人物であり、
実在する人物との関わりは、根拠は創造ソースは妄想だが、ある意図がある。

第15便は、1930年代、1940年代、1977年、そして2001年と、
複数の時代を行ったり来たりするが、それにもある意図がある。



un03titlenewworld.jpg un15cptnumber.jpg
u00redline_c_640.jpg 
un15cptSlaughterhouse02.jpg ─続き

un15えんじょ02 
炎上する世論にじゃんじゃん燃料投下で煽ったのはもちろん報道各社──

東京朝日新聞大阪毎日新聞東京日日新聞讀賣新聞──

u09おざ0202 "ひでみ"じゃなくて"ほつみ"って呼んでね!
煽りぶっこみ筆頭が例の尾崎秀実
@朝日新聞記者じつはソ連の手先ゾルゲスパイ団だった。*【ウルトラ 9機目-上段】

いかにもタカ派愛国心代表ヅラで「支那徹底的に懲らしむべし」を声高に煽る

が、

その裏でブライベートな会話では↓

≫ 続きを読む

関連記事

| 事件激情 | 16:29 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【事件激情】ウルトラNW: 第15便【憲法第九条】

*第14便
un00modoru.jpgwhitespace*200*20un00mokuji.jpgwhitespace*200*20un00tojo.jpgwhitespace*200*20un00shiryo.jpgwhitespace*200*20un00nenpyo.jpg

【事件激情】ウルトラNW: 第15便【憲法第九条】

article 9.
第九条

1. 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
1. 国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国
1. 際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2. 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保
2. 持しない。国の交戦権は、これを認めない。




un15eyes.jpg

EYES ONLY
貴官閲覧に限る

Aug. 2, 1946

from ;
US Military Attaché office, Embassy of United States in British Empire
to ;
Special Blanch of the Military Intelligence Division, US Army
Col. Clarke, Carter
Subject ;
For YCN Profile, Reply to the query


1946年8月2日

駐イギリス帝国アメリカ大使館駐在武官オフィス

合衆国陸軍情報部 特別局 カーター・クラーク大佐


貴官より照会のY.C.Nの履歴について回答を送付する。

なお、この文書は貴官の閲覧のみとし、余人の目に決して触れないこと。
当該事案の関係者、貴官の上司、上級官庁部局もその例外ではない。
くれぐれも公的記録に残さず、速やかにかつ適切に処分のこと。

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─



un15insert_gacha001.jpg ガチャッ


Spring, 1936
1936年 昭和11年
──

un15tian.jpg 
Tianjin Concession
天津租界

19世紀後半から20世紀初頭にかけて、西洋列強植民地獲得競争の食指は、
最後に残された未開拓の“市場” 東アジアへと伸びる。

un15ヤヨ02

清朝末期の弱体化と軍閥割拠の混乱に乗じて、西洋列強支那沿岸各地に「租界」なる治外法権の外国人居留地を次々と興し、半植民地として支那を侵蝕していった。

un15ヤヨイ0101

日清日露戦争の連勝を経て五大国の一角へと成り上がる日本も利権に食い込み、

un15ヤヨイこ0101

華北の主要港天津にも、イギリスフランスなどと並んで租界を構えていた。

un15ヤヨイこっ0101

カトヌー!」「弥生さん! こっちよ!」

un15つやこう04 
つや子梅代!」

un15げんきそ02 
「元気そうでなにより」


──Y.C.N.の出生は1913年乃至’14年とされる。

イギリス人ロシア系日本人を両親とし、
出生地は樺太‘現サハリン’もしくはアムール川流域と推定。
当時の記録にはエカテリーナという名が見られる。

1920年ニコラエフスク虐殺にて赤軍民兵に家族を殺害され孤児となる──



un15わーみち0101 
「すっかり見違えたねえ」
「その眼鏡がなかったら弥生さんと分からなかったわ」

un15つやこう06 
un15わーみちが 
「あなたたちも。つや子はとても女性らしくなって、梅代は変わらず元気そう」
「わたしのそれってほめ言葉なの?」

≫ 続きを読む

関連記事

| 事件激情 | 18:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT