≫ EDIT

【事件激情】ナインイレヴン 終:1028【911アメリカ同時多発テロ】

redline640*17hanten
ne000846.jpgne000903.jpgne000937.jpgne000959_rd.jpgne001003.jpgne001028_rd.jpgne001750_rd.jpgne00urtra.jpg

【事件激情】ナインイレヴン 終 :1028【911アメリカ同時多発テロ】


September 11, 2001
2001年9月11日

Tuesday
火曜日

am10:28



ne06Worl のコピー

World Trade Center1 : Northtower
ワールドトレードセンター1 ノースタワー

ne06ついにその02 のコピー

アメリカン11激突から102分後──

ne06ついに のコピー

ついにそのときが、


ne06ついにそのの

来た。


ne06ついにそのと0505
 

≫ 続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 22:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【事件激情】ナインイレヴン : 1003【911アメリカ同時多発テロ】

redline640*17hanten
ne000846.jpgne000903.jpgne000937.jpgne000959_rd.jpgne001003_rd.jpg” border=ne001028.jpgne001750.jpgne00urtra.jpg



【事件激情】ナインイレヴン : 1003【911アメリカ同時多発テロ】


──これは2001年9月11日火曜日午前9時59分から午前10時28分までの、
  アメリカ北東地域およびその上空でおきた出来事の再現である。






“なんということでしょう、信じがたい事態となりました”



ne05title.jpg


ワールドトレードンター2崩壊しました”

映画のような光景です”

“人々は携帯電話を手に涙を流し、半信半疑で残ったタワーを見上げています”



 
ne05cpt1003.jpg

ナインイレヴンは、ウルトラでやがて到来する(予定)の
9.11惨劇を、ウルトラ本篇とは異なる視点で再現する。

出来事人物言動公開された記録にもとづく。
登場する公官庁団体人物地名はすべて実在する。

ウルトラ本篇でおなじみの面々は、実在架空ともに登場しない。

つまりいつもの妄想創造もなしである。



ne05しんじが

400m巨塔があっちゅうまに崩壊した映像は、思いがけないインパクトで、
911陰謀論のなかでも最も有名かつキテレツな制御解体論を生むことになる。

なんでまた巨大建造物があんなトランプタワーが潰れるみたいに消滅したのか、建築工学の専門家たちがあれこれ推理してたが、2002年鹿島建設精確なシミュレーション解析を成功させ、これが科学的な定説となっている。

長くなるので今回は略。どんなものか、なんで爆破解体なんてヨタ話があり得ないのかはウルトラでやがて明らかになるであろう白土三平風。


September 11 , 2001
Tuesday

2001年9月11日
火曜日


am9:59:04


World Trade Center1 : Northtower
ワールドトレードセンター1 ノースタワー

ne05サウスタ 
高熱を帯びた膨大な粉塵コンクリパウダーと微細な金属砕片ダイオキシンアスベストベンゼン水銀ホルムアルデヒドセルロースその他もろもろ体に悪そうな有害物質人間)の奔流が、隣のノースタワー1階ロビーにもなだれ込み。

ファイファー大隊長以下前線指揮所WTC6との渡り廊下へダッシュ退避。

この大砂塵前線指揮所にも死者が出た。
whitespace10*10
ne05ファーザ02 
消防署付司祭マイケル・ジャッジ神父@68歳同性愛者ソックスの飼い主夫妻とマブダチというキャラ立ちしまくりのファーザー・マイクは、瀕死消防士に最後の祈りをしてやろうとヘルメットを脱いだその瞬間に瓦礫の直撃を受けたんである。

ne05ファイフ 
ファイファーに同行した映像作家ジュール・ノーデタワー内の貴重な映像を残した。

ne05タワー1に 
タワー1にいる全隊、総員退避せよ」

だが消防局のオンボロ無線は相変わらずビル内部の消防士に届かず。
人の足と口が唯一の通信手段。

退避を命じたファイファーも、まさか隣のサウスタワーが一瞬で全クラッシュしたとは思ってもいない。上層階の一部が崩れ落ちたんだろう程度に考えていた。


35階

ne05しょうぼ 
消防士の多くがこの階でバテて休憩中。

とつぜんフロアが激しく揺れ始め、

≫ 続きを読む

関連記事

| 事件激情 | 20:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |