≫ EDIT

【事件激情】借りてきた「絶望」。──《陸》

殺戮ゴスロリカップルと女子高生
  
kagaku.jpg
   
  
「死にたい人には薬をあげます」
  

彼女はどんな少女だった?
  
彼女高校入学の日、自己紹介で
死にたい人がいれば薬を持っていますからあげます」
と言ったという。

highschl_1.jpg

県内有数の進学校理数科に進学。化学部に入る。
成績は優秀
とくに化学の知識は先生もたじたじになるくらいだ。
ふだんは静かで大人しいが、論理的な誤りには容赦なくツッコミを入れた。

izunokuni_5.jpg

山向こうに富士山をのぞみつつ──、
彼女はその住宅地に暮らしていた。
祖父母、両親、兄2人の7人家族。兄1人は別居。
もちろん「愛犬リトル」はいない。
  
「おとなしい家族」「親子でもめるようなことはなかった」というのが近所の評判。
  

さらにさかのぼる──、
小学校──。
すでに「僕」と言い始めてスカートは履かなかった。
あだ名は「爬虫類」。表情が乏しいから。のち昆虫採集ばかりしてたので「ファーブル」とも。
ウサギにリードをつけて散歩。なぜか飼育小屋で弁当を食べる。
友だちとはあまり遊ばなかった。
というか変わってたので当然ながらいじめられっ子だった。

usagin.jpg

小学校の卒業文集にこう書いた。
「ウサギは世話をすれば世話をするほどなついてくるので一生懸命世話をした。逆の立場になって初めて分かった。これからは理由の分かる人になりたい」

  
中学に進むと──、

classma.jpg

化学の専門書を読み始めた。中学生はふつう読めないようなやつ。
学年でも10位以内の成績
とくに理科が得意。テストで100点でないと泣いて抗議
落書き代わりに化学記号や数式を書く。
手芸とかをする創作部に在籍。のちに部長も。
中学の半ば頃まではいじめられっ子だった。
リーダーシップをとるタイプではないが暗くもなかった。
クラスではちょっと浮いていた。
  
「グルムグンシュー」を始める前、メルマガを発行(部数34部)。前年(中3)の夏に始まって、「グルムグンシュー」開設直後の7月1日まで38号出していた。
そのうちのある回は「闇の中へ」という抽象的かつ暗めの詩。化学少女と同時に文系少女(暗系)の顔も持っていた。
  
中学の卒業文集「好きな芸能人」の欄にこう書いた。
  
「有名人(あまり有名ではないかもしれないが)ならグレアム・ヤング

  
彼女はしきりとグレアム・ヤングを礼賛する。でもヤングは芸能人じゃないし普通の有名人でもない。
  

gyoung_28.jpg

実在の連続毒殺魔だ。
  
  

イギリス最凶毒殺魔の「毒殺日記

 

dokusatu_nikki.jpg

グレアム・ヤング日記をもとに伝記本が出版され、映画にもなった。イギリスのシリアルキラーだ。
  
ナチスオカルト毒物スキー
「尊敬する人は、19世紀に14人毒殺したウィリアム・パーマー」

  
gyoung_boy.jpg

12歳くらいから「学校の実験で使う」とウソついてアンチモンジギタリスを手に入れ、家族に盛っては様子を観察して日記をつけていた。
  
ヤング毒殺デビュー14歳。
  

≫ 続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 22:01 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【事件劇場】借りてきた「絶望」。──《伍》

殺戮ゴスロリカップルと女子高生

chmclgrl_convert_200.jpg

 
摂氏零度の少女
 
2007年に発売された、「摂氏零度の少女 (幻冬舎文庫)」という小説がある。

sesshi0do.jpg


著者/新堂冬樹は、社会のダーティ面を身もふたもなく描いたり、なぜか甘甘の純愛小説を書いたり多機能な作家だ。
  
医学部合格間違いなしの美少女女子高生。彼女は動物を次々と毒殺しまくり、ついに母親に猛毒タリウムを盛り、日に日に衰弱していく母親の様子を冷ややかに観察し──。
  
2005年秋に起きたあの事件がモデルなのはまあ明かすまでもなく明らか。というより実録物かってくらい、いろいろ同じ。
  
しかし救いがたき人間の業系が得意のこの作者ですらできなかったことがある。
  
少女の動機として、
「幼い頃に可愛がっていた犬を母親が保健所に渡してしまった。母親もそれと同じ目に」
という湿度も温度もある愛憎めいた、分かりやすい切な系の理由をくっつけないと物語をつくれなかったことだ。
  
たしかにそうだろうなあ。ホントに摂氏零度キャラじゃ感情移入もできないしホラーの悪役になっちまうもんなあ演じるは三輪ひとみでセーラー服着せて。

hitomi_2.jpg31歳ひとみセーラー服まだいけます
  

でも実際に起きた事件はちがう。
  
リアルの“彼女”の動機は、物語に仕立てられないほど直截的で薄っぺらくて陳腐だった。
  
温度すら感じられず、
だからこそ恐ろしい
  
現実の“彼女”こそ、
本当の摂氏零度の少女だった。
  
  
理系少女!ぼくっ娘!ネットはまた踊る…
  
houdo.jpg
  
2005年秋、静岡県伊豆の国市で一人の女子高生が逮捕された。
  
犯人が16歳の少女、しかも母親毒殺というセンセーショナルな手口に世間がまた騒いだ。
  
とくに少女がブログで岩本亮平という男子名をHNにして、母親の症状悪化の観察日記を綴っていたことがまた拍車。
  
マスコミは例によって「ネットの影響」「ゲームの…」「教育の…」「最近の子どもは…」とどうでもいいことを垂れ流した。
  
そしてネットでは、

trimozaic_2.jpg

化学オタクの理系女子高生、しかも「ぼくっ娘」なのも萌えを刺激し、モザイクのかかったセーラー服の画像、さらにいつの間にか洩れた「恋ゲーのキャラみたいな実名」も妄想を刺激した。
みんな前年6月に佐世保事件を起こした美少女ネバダたんを連想していた。
  
だから彼女をタリウムたん」「タリたんと名付け、
勝手にこんな容姿を想像をして萌えた。

meganekko_4.jpg
  
こんなのとかも。

meganekko_5.jpg
  
いや少なくともこうでないと、とか。

meganekko_6.jpg

誰も美少女と言ってないのに、なぜかそう決定していた。ちなみにメガネっ娘なのは「化学」「理系」のイメージだろう。
  
(やがてモザイクなしの顔写真が流出し、潮が引くように萌えは沈静化。まあ…いろいろあるわな)
  
  
グルムグンシュー」僕の絶望の世界
  
  
さて、「ネバダ」「桃寿」という通名であえて犯人たちを呼んできたけども、今回タリウムたんはどうしようか迷い中。
いやふざけててけしからぬのでは一切なく、「キャラに合わない」からである。
  
なので当面「彼女」とか「少女」だ。
  
その彼女がなんで、今回ゴスロリのバカップルと同列の扱いなのかというと──。
  

彼女問題のブログ
「Glmugnshu グルムグンシュー 岩本亮平の日記」
  
glmu_2.jpg
  
6月27日楽天ブログで開設、マメに更新され、事件発覚の直前までせっせと書かれていた。
  
HNは「岩本亮平」、つねに「僕」人称で書いた。学校でも自分を「僕」と言っていた。真性ぼくっ娘、僕女である。
  
マスコミでは、
「多重人格か」「解離性同一性障害か」「女性的な同一性を確立するプロセスが混乱し…」
とか精神分析医とかインテリゲンヂャとかなぜ社会問題に発言権があるのかわからんタレントとかが、テキトーな思いつきをしかめつらでしゃべくった。
  
でも“その筋”の人々は「岩本亮平って…あれだよな」と囁き合った。
  

≫ 続きを読む

関連記事

| 事件激情 | 17:07 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【事件激情】借りてきた「絶望」。──貳

ゴスロリカップルと毒女子高生

goth_lolli_cpl.jpg
 
2003年つまり平成15年、111日未明、河内長野市の国道沿いの一画にある住宅地──。
 
おーワ士の誕生日ではないか。まったく関係ないが。
 
午前2時15分──。
119番の通報が入った。
電話があったのは、会社員@46歳の自宅。
 
「息子がいきなり切りつけてきた」
 
救急車が国道近くの民家に駆けつけると、そこには凄惨きわまる光景が広がっていた──。
 
 
 
ミスドで家族全滅計画
 
 
ゴスロリカップルも、毒殺女子高生も、住んでいる所は郊外。それも都市圏ぎりぎりのもうちょっとで山、という限界郊外。
 
ゴスロリ彼女@16歳こと「桃寿(ももじゅ)」。
南河内郡河南町の山すそをデベロッパーが切り開いた整然清潔な新興住宅地の一軒。

skrzk_3.jpg
 
住宅地は山城型で“下界”の農村的コミュニティとはまったくつながりがない。
両親とも教師、妹、祖母がいる。
 
 
ゴスロリ彼氏@18歳。
河南町から10kmほど、河内長野市の国道沿い。やや古めの住宅地。

svkwchngn_3.jpg(google ストリートビューより)

周りはやや年季の入った民家や倉庫や工場がひしめいているのに、なぜかそこだけガーデニングなんかもしちゃってお洒落っぽい実家に住んでいた。
両親@46歳&43歳は共働き、弟@14歳
 
 
彼氏は最寄りの近鉄長野線の河内長野駅(郊外の駅前の例に漏れず微妙にさびれている)から田園地帯を走る電車に揺られて、芸術系の大学に通っていた。
 
高校生の桃寿はバスに25分乗って富田林駅まで出て、さらに電車で45分かけて大阪市内の進学校に通学していた。
 
tondahayashi.jpg
 
この富田林駅が2人の中間点で、駅やミスドやバス停で2人が「おでこをくっつけて、いちゃついてる」のを中学の同窓生たちが何度も目撃している。
 
いちゃついてただけでなく、そのとき2人は「ハロウィーンに決行」すべく、それぞれの家族全滅計画を話し合っていたのだが。
 
 
 
田んぼの中の毒殺魔の家
 
 
一方、毒殺女子高生タリウムたん@16歳のいた伊豆の国市
 
駿河湾沿岸都市圏の南の外れ、やはり辺境限界だ。南へ少し行くともう山また山。
 
伊豆の国市は、2005年4月、3つの町が合併して生まれた。
誕生から半年も経たないうちに、この奇妙な名前の市は、「毒殺女子高生なる不本意すぎる形で名を轟かせてしまったが。
 
 
タリウムたんの暮らしていたのは、これまたよく見かける光景。

izunokuni_city.jpg

田んぼを売ったり息子の代で農家をやめたりして戸建てが虫食い的に増えていき、気づいたらなんとなーく住宅多めになってました的な地域。
 
彼女はここから市内の進学校に通っていた。
 
 
この3パターンで日本の郊外の大半が当てはまるんじゃなかろうか。
ワ士は何百回とこれと似たようなのっぺりした風景を見たぞ。
 
なにもメガ団地ばかりが郊外ではない。
じつは都市よりも田舎よりもこういう中途半端な「郊外」で生活する人口がいっちばん多いはずだ。
 
田舎でも都市でもない、地域色もない、なにもかも中庸な場所。
 
 
親世代の大人たちにとっちゃ、苦労して手に入れた夢(とローン)のマイホーム。人生のゴール。
 
でもそこで成長する子どもたちは?
 
思春期に多かれ少なかれ抱える「自分は他とは違う症候群」とくに強い子たちの眼にはどう映る?
 
darksky.jpg
 
ゴスロリな2人も、タリウムたんも、まさにそんな少年少女たちだ。
 
 

≫ 続きを読む

関連記事

| 事件激情 | 04:02 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT