≫ EDIT

【事件激情】借りてきた「絶望」。─《捌》(終)

ゴスロリカップルと女子高生

【事件激情】
*ネバダたん─“史上最も可愛い殺人者”佐世保小6同級生殺人事件 
*狭山事件と「となりのトトロ」事件編 /うわさ検証編 
*東電OL殺人事件 
*借りてきた「絶望」。─殺戮ゴスロリカップルと毒殺女子高生タリウム 



merrylandmurder_1.jpg

  
メリーランド・マーダー・ケース


海の向こうでゴスロリカップル事件に似た事件が起きた。

2008年米国メリーランド州の町で自営業のおっさん@47歳刺し殺された。
逮捕されたのはおっさんの娘@15歳とその男友だち@17歳だった。

娘@15歳は、のちに映画も大ヒットした学園吸血鬼小説トワイライトにハマっていた。
「わたしはヴァンパイアよ」とほざき、学園内で吸血鬼同好会まで結成。服はもっちろんゴス。お互いリスカしてをすすり合ったりして喜んでいた。
  
米国ではヴァンパイアが根強く人気なんである。日本人にはピンとこないかもしれんけど、欧米人は吸血鬼に萌えるらしい。
  
この娘@15歳が遅刻したり万引きしたりで学校も手を焼き、父親@47歳が厳しく娘を監視することにした。

が、不幸なことに、父親@47歳トワイライト敵役と同姓同名「ビリー・ブラック」だった。
娘@15歳
「パパは吸血鬼人生を邪魔する悪者よ!名前も同じだし!」(バカだ)
と、“吸血仲間”たちに殺人を頼みまくるがさすがにみんな尻込み。けっきょくSNSの吸血鬼コミュで知り合った男友だち@17歳「まかせとけ」と快諾大バカだ)
悪者パパだっての)退治して(殺して)しまったんである。
  
そんな4歳児以下な理屈がリアル世界で通じるはずもなく、2人とも逮捕
   
merrylandmurder_2.jpg“魔性のバカ女”
   
娘@15歳は、未成年扱いされず第一級殺人で有罪となった。
   
   

彼氏かばう、桃寿しゃべる
   
  
さて、2003年大阪2005年静岡、2つの事件の犯人たちも、夢の世界から引き戻され、やらかした罪と向き合うことになった。
   
   
ところでいくつか載せた桃寿のサイト画面(黒地)はミラーサイトのもので、削除されたオリジナルとは見た目が実は違う。どっかにないかと探してたら一部見つかったので改めて貼っておいたりする。

桃寿サイトオリジ2 オリジ画面は白地でずいぶん雰囲気も違うんである。
   
   
逮捕されたゴスロリ彼氏桃寿はそれぞれ取り調べを受けた。
  
はじめ、2人とも反省の言葉はなかった。
  
彼氏は、「何もかも嫌になって死のうと思ったけれど、一人で死ぬのが怖くて家族を道連れにしようとした」「どうせ死ぬなら人を殺してみたかった。家族ならやりやすいから」と話した。
  
だが一緒に捕まった桃寿のことは「逃避行に誘っただけだ」と、男気のつもりなのか、恋人を庇うような曖昧なことばかりだった。
  
が、彼氏の男気もむなしく、桃寿本人は事件との関わりをぺらぺらと隠すこともなくしゃべりまくっていた。

冗舌な桃寿。反対に彼氏の取り調べは荒れた。
供述書を見せられた彼氏は、

「僕の言ったことをちっとも分かってない!」

激しく号泣。なぜそこで泣く。しかも号泣なぜ。
彼氏はとにかく自分の言葉が正しく伝わることが何よりも大切なようだった。実の母親を殺した事実よりも大事らしい。
  
  
素に戻ったのはやはり桃寿が先で、「いけないことをしました」と弁護士に言うようになった。「学校に戻りたい」とも(うーん無理だな)。初めて反省らしい言葉も出た。
  
彼氏はといえば相変わらずで、計画的な犯行だとか動機については話すようになったが、反省してる様子はかけらもない。
  
事件が残虐かつ動機が異常すぎるので、2人に簡易の精神鑑定が行われた。
桃寿「えっ( ゚∀゚)、精神鑑定!?大喜びで応じた(やっぱり分かってねえな)
  
3時間たっぷり鑑定の結果、桃寿は一応「善悪の判断はできる状態」と分かった。
  
一方、彼氏はやたら興奮しまくり不安定だったので30分で鑑定は打ち切り、仕切り直しになった。
  
  
素敵な素敵な夢から醒めて
  
osaka_kasai.jpg 大阪家裁
  
  
11月20日──、
2人は検察「刑事処分相当」として送検された。
容疑は「殺人」「殺人未遂」から、強盗殺人」「強盗殺人未遂」に切り替わった。母親の財布(中身9000円)を持ち去ったのが「強盗」扱いとなった。
  
これは何を意味するかというと、「殺人」の刑期は3年以上(当時。翌年から5年以上に増量)だが、「強盗殺人」になると基本死刑無期懲役しかない。ぐンと刑が重くなるのだった。
桃寿「殺人予備」に、強盗殺人」共同正犯をつけられた。「一緒に死にたい」メールが彼氏の犯行をがっちり支えた、と重く見られた。
  
地検「検察官への逆送希望」意見書つきで大阪家裁に送った。
  
逆送とは「少年扱いせず、検察が刑事裁判に持ち込む」を意味する。
  
よく誤解されてるが、未成年は少年法でなにがなんでも守り抜かれるんではなく、悪らつな事件や反省の色なしのばやいは、家裁「おまえらは大人っぽく裁いてもらえ」と検察官に「逆送」大人っぽく裁かれる。
   
さいきんでは宮城県石巻市“男としてダッセー”@18歳が、計画的かつ自己チューで悪らつかつ殺しすぎのため「検察へ逆送」、大人っぽく裁かれることになった。
  
このパターンで実刑になると、大人っぽい人向けの特殊な少年院に入り、未成年の間だけここにいて、成人したら刑務所に移されて残る刑期を過ごすことになる。
(もし死刑のばやいは少年院にも刑務所にも行かず、“その日”まで拘置所で過ごす)

  
さて、
彼氏桃寿の本格精神鑑定を経た家裁の決定は、
  
  

≫ 続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 17:05 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |