≫ EDIT

【事件激情】ネバダたん(6) 【佐世保小6同級生殺人事件】

Chapter6 スパイラル

gunkann.jpg

contents < (5)


*「お前ら全員惨殺してやるよ!」

ゴールデンウィークが明けて──。ネバダのバイオレンスはさらにパワーアップした。

弱っぽい男子に「おまえ、うざい、死ねっ」と罵り、追いかけ回し、蹴っ飛ばして馬乗りになった。同級生が止めると「くそっ」と悪態をついた。
突然壁に頭を打ちつけることもあった。からかった男子にカッターをちらつかせて怒った。

交換日記の「NEXT」騒動もこの頃、GW明けの5月中旬に起きている。


ところで、例のネットにアップしたバトロワ外伝のアンケートもちらほらとネ友の回答が書き込まれていた。

その中の一人はとくに露悪的。

「お前ら全員惨殺してやるよ!
 女は犯し殺す。
 男は目だけ潰して
 数日縛って最終的に殺す

この頃のネバダはこういうデモーニッシュな書込みをとくに喜んだ。

ちなみにこのアンケート、30人中25人「殺し合う」を選んだ。「ひたすら隠れる」が4人、「反対」は1人だけだった。

彼らネ友たちがネバダにどんな影響を与えたか、今となっては知る術もない。みんな事件後、そそくさと退会して消えてしまったり、固く口をつぐんだままだ。


とりあえず、ミタちゃんやWKちゃん、ネ友たちとは、ひとまず良好のようだった。
ネバダの心はまだ均衡を保てていた。まだぎりぎり。

だが周りはどうだろう? ネバダの周りの子たちは?


そして、5月27日、木曜日──。

この日から異常な速度で事態は展開する。
たった6日間で。



■「失礼じゃないっ!」

5月27日から6月1日までのログはほとんどネバダの手で削除されてしまっている。

だから「供述は全部自分に都合のいいウソ。被害者をいじめっ子に仕立て上げて被害者づらするため。血に飢えた鬼畜殺人鬼だ」と断言してる人もいる。
そんなすっぱりきれいに世の中わり切れたらさぞ気持いいだろうなあ。


さて、5月27日、木曜日に何が起きたか──。

次の日曜は運動会をひかえていた。
子どもたちは準備にいそしんでいただろう。

ネバダはミタちゃんたち同級生数人とじゃれ合っていた。ネバダがふざけてミタちゃんにおぶさった。
ミタちゃんも笑いながら言う。
「重いーっ」

ぷちんっ。

とつぜんネバダの顔色が変わった。

「失礼じゃないっ!」

ミタちゃんらは驚いた。
なんで? なに怒ってるの?乗られて「重い」くらい普通言うよ。

もう珍しくもなくなっていたネバダの癇癪に見えた。
ただ、どうやらミタちゃんは「NEXT」騒ぎのときと違って、謝らなかったらしい。

その場は気まずく終わっただろう。


翌日、5月28日、金曜日──。
ネバダは仲良し掲示板にログインした。すると、

「!!!」


≫ 続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 01:42 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |