≫ EDIT

【事件激情】ネバダたん(6) 【佐世保小6同級生殺人事件】

Chapter6 スパイラル

gunkann.jpg

contents < (5)


*「お前ら全員惨殺してやるよ!」

ゴールデンウィークが明けて──。ネバダのバイオレンスはさらにパワーアップした。

弱っぽい男子に「おまえ、うざい、死ねっ」と罵り、追いかけ回し、蹴っ飛ばして馬乗りになった。同級生が止めると「くそっ」と悪態をついた。
突然壁に頭を打ちつけることもあった。からかった男子にカッターをちらつかせて怒った。

交換日記の「NEXT」騒動もこの頃、GW明けの5月中旬に起きている。


ところで、例のネットにアップしたバトロワ外伝のアンケートもちらほらとネ友の回答が書き込まれていた。

その中の一人はとくに露悪的。

「お前ら全員惨殺してやるよ!
 女は犯し殺す。
 男は目だけ潰して
 数日縛って最終的に殺す

この頃のネバダはこういうデモーニッシュな書込みをとくに喜んだ。

ちなみにこのアンケート、30人中25人「殺し合う」を選んだ。「ひたすら隠れる」が4人、「反対」は1人だけだった。

彼らネ友たちがネバダにどんな影響を与えたか、今となっては知る術もない。みんな事件後、そそくさと退会して消えてしまったり、固く口をつぐんだままだ。


とりあえず、ミタちゃんやWKちゃん、ネ友たちとは、ひとまず良好のようだった。
ネバダの心はまだ均衡を保てていた。まだぎりぎり。

だが周りはどうだろう? ネバダの周りの子たちは?


そして、5月27日、木曜日──。

この日から異常な速度で事態は展開する。
たった6日間で。



■「失礼じゃないっ!」

5月27日から6月1日までのログはほとんどネバダの手で削除されてしまっている。

だから「供述は全部自分に都合のいいウソ。被害者をいじめっ子に仕立て上げて被害者づらするため。血に飢えた鬼畜殺人鬼だ」と断言してる人もいる。
そんなすっぱりきれいに世の中わり切れたらさぞ気持いいだろうなあ。


さて、5月27日、木曜日に何が起きたか──。

次の日曜は運動会をひかえていた。
子どもたちは準備にいそしんでいただろう。

ネバダはミタちゃんたち同級生数人とじゃれ合っていた。ネバダがふざけてミタちゃんにおぶさった。
ミタちゃんも笑いながら言う。
「重いーっ」

ぷちんっ。

とつぜんネバダの顔色が変わった。

「失礼じゃないっ!」

ミタちゃんらは驚いた。
なんで? なに怒ってるの?乗られて「重い」くらい普通言うよ。

もう珍しくもなくなっていたネバダの癇癪に見えた。
ただ、どうやらミタちゃんは「NEXT」騒ぎのときと違って、謝らなかったらしい。

その場は気まずく終わっただろう。


翌日、5月28日、金曜日──。
ネバダは仲良し掲示板にログインした。すると、

「!!!」


≫ 続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 01:42 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【事件激情】ネバダたん(5)【佐世保小6同級生殺人事件】

Chapter5「いっとくけど逃げられません」

br.jpg

contents <  (4)



■今日から6年生。こわれゆくネバダの言葉


2004年4月──。新学期。これから6年生。

1学年1クラスだから顔ぶれに変化はない。同じクラスメイト。同じミタちゃん、同じネバダ

ただし担任が交代した。

かわって6年の担任となった男教師はというと、
「このクラスを受け持ちたくなかった」
と保護者に告げた。
担任のなり手がなくて仕方なく、だった。
だめだこりゃ。
5年3学期からは多少は落ち着いたが、まとまりがなくて騒がしいのは相変わらず。遅刻や不登校もいて朝のあいさつに38人全員そろった日は数えるほどだった。

担任(男)は、とくに荒れる数人の男子に気をとられて、別に問題児でないネバダまでは目がいかず、少々の言い争いなど教室の喧噪に紛れた。ネットや交換日記の存在すら知らなかった。


では、その頃、ネバダのHP日記はというと…。

2月22日から長らく中断していた日記が、
4月8日、ひさかたぶりに再開した。
ところがその中身は…。



日記@暇すぎo
ヒッマだぁぁぁぁぁぁ~><

しかもアイス食べたから寒い><

さっむ!ひっま!

ぁ~、


暇暇暇暇




…えーと、あの生真面目で繊細な詩とか反戦とか環境保護とかいってた利発そうな少女はどこへ?

以降、日記の文体はどんどん断片化し、壊れていく。

ちなみに「暇暇暇暇」なのはミニバスケをやめたからだろう。
勉強のためにバスケをやめたはずだが、もちろん勉強なんて身が入るはずもない。遊びに行こうにも、山の中腹にある家は不便すぎた。
「友達と遊ぶのはそんなにスキでわないんで別にいいでやんす。(ハ)」ネバダは捨て鉢に書いた。


また数日経って、ひさびさに長い文を書いたと思ったら、給食をクチャ食いして「まじでキモイ」男子の悪口だった。(これにはミタちゃんも同意コメント)

そんな中で、ミタちゃんと「WK」ちゃんとの仲良し3人組カフェスタ共同掲示板も開いた。リアルでも3人は同じ放送委員会にも入った(こちらはWKちゃんでない子という説もあり)

ところで、ミタちゃんはWKちゃんのHPだとHNでなく本名を名乗ったりしている。
ネバダにとってネットは退屈な自宅から広い外界へトリップさせてくれる魔法だったが、ミタちゃんには便利なおしゃべりツールのひとつでしかなかったかもしれない。


注/
ハンドルネーム「WK」(実際はカタカナ7文字)の由来は何だと話題になった。ハウステンボスが元ネタと思われる。




■「殺しあう? 殺しあわない?」

red_room.jpg


4月末、ゴールデンウィーク──。
といってもどこにも行かず、家で暇暇暇暇なネバダ。
HPの日記も…。


記憶,,が所々飛んでます。まじ。昼飯食べてヵラ何をしたヵ記憶にナイ。


アハハ(ォ∀`)スッカラカン。



たまたま、この頃からアバターの頭が、カボチャに変わった(カフェスタのプレゼントでもらえるらしい)
以来、ネバダのアバターは最後までパンプキンヘッドだった。


それから、
「GW明けになると私の本性見えちゃうかもぉぉ♪♪」
「やいやい、今「ブック」で小説書いてるぞやいやい。」
とも宣言してるが、
どうやらこのときの“本性見えちゃう”“小説”バトル・ロワイアル外伝」らしいぞやいやい。


GW中にはバトル・ロワイアルII/鎮魂歌」のDVDも観た。
R15指定でホントはレンタルできないんだが、姉のカードで借りたらしい。(15禁なのに「バトル・ロワイアル」シリーズには小中学生のファンがとてもとてもとても多いんである)


それと前後して、ネバダお気に入りリンクに赤い部屋というサイトが加わった。

≫ 続きを読む

関連記事

| 事件激情 | 03:21 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【事件激情】ネバダたん(4)【佐世保小6同級生殺人事件】

Chapter4 将来の夢

nebadanoe.jpg

contents < (3)


■すさむ「優しい少女」

ミニバスケを退部したネバタは怒りっぽくなった。
クラスがざわつくと「うるさいっ」。給食をくちゃ喰いする男子には「汚いっ」。言葉も汚く粗暴になった。

「3学期の途中までは優しい子だったけど、急に乱暴になった」

「優しい」というネバダ評はピミョーに的を射ていない気がする。たしかに引っ込み思案や自己主張の薄い子が「優しい」と見られることは多い。

でもそういう子が本当に優しい心の持ち主とは限らない。


たとえばこんなことが──。
ネバダたちは5年のとき同級生11人で4冊の交換日記を、6年になってからも5人で交換日記をやっていた。

ネバダは日記を毎回「NEXT ○○(次の子のあだ名)」とシメていた。他の子もそのシメ方を気に入って同じように使い出した。
するとネバダはむくれた。「パクらないで!」

ああネバダ痛い痛いわだが、自己主張慣れしない子が主張し出すとこうなっちゃう。

ミニバスケをやってた頃でも、ボールを貸したがらない後輩を「レギュラーじゃないのに」上から目線でクサしてたりする。
もしこの後輩とのレギュラー争いに負けたりしたら、ネバダ大いに挫折だろう。キレて暴れたかもしれない。

でもまあ、よくいるよなあ。大人にだってあるよこういうの。


2月──、交換日記ノートでネバダは、
「もしあなたがバトル・ロワイアルのプログラム(クラスを殺し合い)に選ばれたとします。殺しますか?
と問いかけ、
「殺す」「逃げる」などの項目から選ぶように書いた。
ネバダはバトル・ロワイアル」の愛読者だ。


■気づかない大人、怯える同級生

nevadajigazo.jpg

担任(女)はそんな優等生ネバダの急変に気づかなかった。学級崩壊でそれどころではない。
授業中に居眠りするようになったような──担任(女)が気づいたのはそのくらいだった。
ネバダが怒って男子を追いかけ、小突き回すのも見かけたが、
「そんなに激しくではなかったから、冗談だと思った
表情も明るかったし、いろいろと手伝ってくれたし、文集づくりも張り切っていたし…」

この5年の頃の担任(女)はのちに諸悪の根元すべての元凶とあげつらわれた。たしかに担任として有能じゃなかったが、もともと子どもたちには大人には見せない世界があるし、ネバダが何考えてるかは大人に察知されにくかった。

ただ周りの子どもたちは気づく。「怖い」とだんだんネバダから距離を置くようになった。

友だちに距離を置かれてしまったネバダだが、大らかなミタちゃんは変わらなかったし、退部したのを心配して気づかってくれた。

5年生終わりの文集で、
ミタちゃんは「PCを通しての、顔も姿も見えない友だち」への不安な思いを書いた。全国のネ友のことだ。でも「顔が見えないからこそ相談に乗ったりできる」
なんだか健康優良小学生。

ミタちゃんは裏表のない性格で明るく、クラスのみんなに一目置かれるしっかり者だった。荒れる男子たちにも引きずられることなく委員を頑張り、クラスを支えていた。
ネットも誘った“先輩”こそネバダだが、カフェスタの“友録”ことMyファン(mixiのマイミクやFacebookのフレンドのようなもの)は、いつのまにか“弟子”のミタちゃんの方がはるかに多くなっていた。

2人はそもそもまるで異質の人間だった。まあその違いがよい方向に運んで生涯の友情を育むことだってあるし、
そうならない場合もある。


2人は文集でそれぞれ「将来の夢」を書いた。

ミタちゃん「声優か、イラストレーターになりたいです。理由は自分の絵や声をみんなに見てもらえるから」

ネバダ「将来の夢は漫画家です。ほかにもあったけど今はこれです。自分の夢をかなえられるようがんばります


そして2004年春

2人は6年生。



──学習ルームの惨劇まであと60日 >>(5)

 
▽参考文献
▼取り入れなかった噂・デマ・中傷・事実と確認できない話

関連記事

| 事件激情 | 23:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |