≫ EDIT

【事件激情】借りてきた「絶望」。──壹

ネバダたんとの延々と続いたランデブーも終わり、真っ白に燃え尽きた──はずが、
また性懲りもなく。

とはいえ、ここんとこ続く有名事件の犯人どもって、なんかどうでもいい奴らなんだよなあ。



▽犯人の内面なんてどうでもいい事件ばかり

otoko_dassey.jpg

たとえば、今年に入ってから、石巻の“男としてダッセー”が起こした『「のび太、指紋を包丁につけておまえが刺したことにしろよな」は通用しないだろ』事件

豊川の30歳@人生半分穀潰し君家族めった刺し、と続いた派手にメディアを彩る大事件。

事件そのものはもちろん悲劇で、犠牲となった人たちのご冥福をお祈りします、なんだが、

犯人である男としてダッセーとか人生半分穀潰し内面にはちくとも興味もわかない。
ぺらっぺらに薄っぺらくて安すぎて。
しかもおまえら前にどこかで見たぞデジャヴ感も満点で。

いかにも「今」という感じの騒がれかたをしてるが、似たようなバカ者はどの時代にもいた。

DQNだって最近凶悪化したんじゃないし、穀潰しニートなんて分不相応な横文字では呼んでやらん)どもだってたくさんいてやっぱりカッとなって家族を殺しまくっていた。周辺アイテムのインターネットやTVゲームが無かっただけで。

同じように栃木リンチ事件警察官のドラ息子、はては名古屋アベック殺人女子高生コンクリ殺人DQNなあいつら、光市の魔界転生も同じだ。
事件そのものはやはり悲劇だが、犯人どもはぺらぺらに底の浅い幼稚で空っぽの野蛮な“悪党”ってだけだ。
こんな安い奴らに人生終わらされて残念としか言いようがない。

こんな奴らはこれからもきっと現れる。まさにどうでもいい毛虫みたいな奴らだ。いや毛虫と並べたら怒るか、毛虫が。
こいつらの内面なんか覗いても視神経の浪費時間の無駄な気がする。こいつらの脳内から人類が学ぶことなんて何もない。
ただ厳罰でのぞめ、という感想しかない。

秋葉原通り魔事件は、「彼女が彼女が彼女が」一点張りの非モテ根性はおいおい覗いてみようかって思わないでもないけれど、やっぱりこいつもまたデジャヴな奴で、事件そのものは悲劇だが、本人の脳内なんてべつにどうでもいい。


というわけでそのへんごそっとスルーして、佐世保のネバダたんに続き、改めて覗き回っているのが、
2003年2005年大阪静岡郊外で起きた、
ある2つの事件なんである。


≫ 続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 21:01 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【事件激情】ネバタたん(10 終)【佐世保小6同級生殺人事件】

Chapter10(終)サルビアの花

salbia_convert_20100413012439.jpg

contents  (9)
参考文献 
噂、デマ、中傷、事実と確認できない話


■子どもたちは立ちすくみ…

事件の1週間前に少女をからかって、カッターナイフを振り上げられた同級生男子がいた。
市教委の報告書にその一件が「予兆」と記載され、さらに校長「男子から報告がなかったのは残念」的に口にした。

その男子は「自分のせいだ」と悩んでPTSDになった。
2010年3月──。この件について九州弁護士会連合会は、市教委と元校長に問題があったと勧告した。


少女の属していたミニバスケ部の関係者は、
「あの子はとくに上手くなかった。退部した後、一度だけ試合に呼ばれて、自分は必要なんだと思い込んだのかもしれない。でもクラブとして評価は高くなかった。それで蔑ろにされたと思ったんじゃないの」
と、したりげにマスコミに話した。

やはり、少年スポーツの大人は信用できない。



児童雑誌が全国の小6に行ったアンケート──。

「どうして口げんかだけじゃなかったの?殺すより、けんかして嫌いになったほうがましだと思うけど」
「ぶんなぐる、ひっぱたくくらいに、なぜしなかったの?
「すごく、ふたりともかわいそうだと思った」
「一学年一クラスなのに担任は何してたん?
「親に彫刻刀を没収された」

子どもたちも皆ショックを受けていた。そして大人なんかよりよほど真っすぐに冷静な目で“自分たちの問題”として事件をとらえようとしていた。

過半数の子が「友だちとは事件の話はしなかった」と答えた。


2004年秋──。
少女2人の同級生の男子が、被害少女を悼み、「なぜ」と揺れ動く心を書いた詩「トケイソウ」が、伊藤静雄賞の佳作に入選した。


■「親にどうしろというの?」

gosoucar2.jpg

少女は聴取にも淡々と感情を乱すことはなかった。でも両親が面会したときだけは動揺し、目をそらして黙った。
「どう反応していいのか分からない」
という様子だった。

からの手紙に「戻ってきて」と書いてあるのを知って、少しだけほほ笑んだ。
「5年生のときに合宿から帰ったら『もうちょっと泊っておけばいいのに』と言われてがっかりしたから」


あまりにも皮肉ながら、少女はやっと家族の絆を手に入れることになった。


彼女はだんだんと自分がしたことのリアルな結果を理解していった。

被害少女の父親の手記や、両親が遺族に送った手紙の内容を読み聞かされ、ぽろぽろ泣いた。「悪いことをした」「どう謝ればいいんだろう」



少女の精神鑑定には3か月もかかった。

その結果──

≫ 続きを読む

関連記事

| 事件激情 | 01:23 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【事件激情】ネバタたん(9)【佐世保小6同級生殺人事件】

Chapter9 大人は惑い、子どもは立ちすくみ

sasebo_police.jpg

contents
(8)


■おまえを殺しても殺したりない

6月1日、日差しが強くなりそうな火曜日──。

ミタちゃん一家新聞社支局の上にある社宅で暮らしている。

支局長の父親は朝から洗濯で忙しい。
やもめ暮らしで仕事にも追われ、娘と話をする時間もなかなか持てない。いけないと思いながらもついおざなりに接してしまうことも増えていた。
もちろん娘は可愛い。5年の闘病の末に妻を亡くしたあとも、母親譲りの娘の明るさに救われた。
息子たちからも「妹に厳しすぎる」とたしなめられた。分かってはいるんだが、つい…。

たとえば今朝もそう。
学校に行こうと走りすぎる娘に、体操服は要らないのか、と洗濯物から顔も上げず訊く。

「いらなーい」
「忘れ物はないな」
「なーい」

毎朝のありふれた会話、元気な返事、目に入ったのは娘の手にしていた白い袋だけ。
娘の顔も見ず、走っていく背中すら見送らなかった。


それが娘との最後の会話になった。





1時限目──。
運動会の後片付けだ。
みんなでテントを片付ける。
指図に忙しい担任(男)は2人の様子を覚えていない。


2時限目──。
ミタちゃんが交換日記友にメモを回す。

「もう疲れた。勉強で大変になるし、日記の一部をやめようと思ってる」

メモはネバダの手には回されなかった。でもすぐ耳に入る。
ネバダは素っ気なく言う。
「なんなら全部やめれば」。


それからミタちゃんが「交換日記から外れてほしい」ネバダに告げているのも、同級生たちは耳にしている。

ミタちゃんはネットだけでなくリアルの交換日記からもネバダを切り離しにかかっていた。

じつはここ数日のいさかいの前後に交換日記友の何人かも、やはり嫌気がさしたかミタちゃんに付いたか「やめる」と言い出していた。
だからきっと交換日記友はみんないなくなる。
ネバダはネットだけでなく交換日記も失う。

ミタちゃんはそこまで重大とは考えていなかっただろう。

でも今のネバダにすればなくなっちゃうのは自分の全世界だ。


ミタちゃんはネバダとケンカをした。怒っている。なかなか徹底して激しい追い込み。でも殺されるほどの非があったわけじゃない。
少なくとも
この時点ではいじめっ子でもない。自分がネバダの外界とのアクセスすべて(あくまでネバダ目線)を奪おうとしているのに気づいてたかどうかも微妙だ。

たぶんそこまで考えてないだろう。小6だから。

このとき“もっと仲良し”WKちゃんはどうしているだろう。仲裁しようとした? ミタちゃんと一緒に責め立てた?
たぶん無力におろおろしているだけだっただろう。



4時限目──。
卒業文集の作文テーマをそれぞれ原稿2枚に書くことになった。
担任(男)がみんなに何を書くか発表させている。

ミタちゃんの発表したテーマは「人の心理」。
同級生は「なんか変わった内容」と感じている。

なぜかネバダも同じ。「人がこういう時、どういう気持ちになるのか?どういう表情をするのか調べるとおもしろい」と答えている。


でものちにネバダのランドセルから例の「バトロワ外伝」を書いたノートと一緒に見つかることとなる2枚の原稿の中身は、なぜか人が死にまくるホラーだった。
ネバダはそこにお気に入りの韓国ホラー「ボイス」のセリフを書いていた。

「おまえを殺しても殺したりない」。



4時限目が終わって、

昼12時15分──。

給食の用意が始まった。
担任(男)は教室を出たり入ったりと忙しい。

ネバダはミタちゃんに声をかける。

「ちょっといいかな。話があるんだ」

≫ 続きを読む

関連記事

| 事件激情 | 16:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT