≫ EDIT

【事件激情】サティアンズ 第五解【地下鉄サリン事件】

title前解へ戻る39  title目次へ39  s00主な登場人物01


性欲の捨断ができない

──菊地直子の「日記」より

1996年11月所沢のアジトに警察が踏み込んだ際、すんでで逃走したものの、
一生の不覚な超恥ずかしい日記が押収されていた



s0aサティアンズタイトル01 
オウム真理教による犯行の経緯、警察の事件捜査は、原則公開された情報にもとづく。
ただし丸メガネの女はじめこの色で示される人物は、架空の警察官であり、
実在する警察関係者オウム信者彼女の関わりは、創作全開ソースは妄想である。



s05cpt美女と野獣03

s04ヨガはい息を01 
「はい、息をゆっくり、ゆーっくり」

オウムは初めから異様な集団と思われてたのではなく。

発足当初の80年代半ばからしばらく、ニューエイジ仏教としてもてはやされていた。

s06麻原中沢新一 
s06麻原とたけし 
学者やらが絶賛したり、麻原が大学で講演したり、麻原と著名人やらが対談したり。
(そのへんの方々は、いま何もなかったように振る舞ってる)

オウムだけではなく、アンチ物質文明的なもの、今流ならスピリチュアルが、なんとのう許容されてた、というか気分的に求められてた空気があった。

とりわけニューアカのブームで急にもてはやされた人文学系ハイソとその影響を受ける偏差値高い系が、ヨガやら気功やら霊感やら民間療法的なあれやこれやに傾斜したのがこの時代。
ときはバブルで金があるんだけどなんか乗り切れない、こんなんでいいんかしゃんボクは誰ここはどこ?
まーヒマ人が多かったんである。

そして、いつの時代も宗教詐欺にだまされやすいカモ層はというと……やはり安心安定いつものごとくいつものようにだまされた

が、

さすがに94年後半までくると、なにかとニュースを賑わす異形イメージに、
やや引き気味な若者も増えてくるんで。

s04ヨガ今までどおりの s04ヨガ今までどおりの20 
なので、今までどおりの勧誘以外にも、道場とはべつにレンタルルームなどで気軽なヨガ体験教室とか神秘体験イベントとか、尾崎豊追悼ビデオ鑑賞会とか、イベント系サークルもどきょんとか、
いろんな擬装戦略をとるようになった。

とっかかりはオウム色無し、回を重ねてずるずるずる深みに。

なんでいきなり尾崎豊?というと、尾崎豊オウムは、社会とか大人とか世間とかに反発するメンタリティの方角が似てて共通の土壌があるんで>勧誘入信へともってきやすいから。

s04少女在家の友だち 
s04少女おいどこから02 
「おい、あれ、どこから来た子だ」

≫ 続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 12:40 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |