≫ EDIT

【事件激情】借りてきた「絶望」。─《捌》(終)

ゴスロリカップルと女子高生

【事件激情】
*ネバダたん─“史上最も可愛い殺人者”佐世保小6同級生殺人事件 
*狭山事件と「となりのトトロ」事件編 /うわさ検証編 
*東電OL殺人事件 
*借りてきた「絶望」。─殺戮ゴスロリカップルと毒殺女子高生タリウム 



merrylandmurder_1.jpg

  
メリーランド・マーダー・ケース


海の向こうでゴスロリカップル事件に似た事件が起きた。

2008年米国メリーランド州の町で自営業のおっさん@47歳刺し殺された。
逮捕されたのはおっさんの娘@15歳とその男友だち@17歳だった。

娘@15歳は、のちに映画も大ヒットした学園吸血鬼小説トワイライトにハマっていた。
「わたしはヴァンパイアよ」とほざき、学園内で吸血鬼同好会まで結成。服はもっちろんゴス。お互いリスカしてをすすり合ったりして喜んでいた。
  
米国ではヴァンパイアが根強く人気なんである。日本人にはピンとこないかもしれんけど、欧米人は吸血鬼に萌えるらしい。
  
この娘@15歳が遅刻したり万引きしたりで学校も手を焼き、父親@47歳が厳しく娘を監視することにした。

が、不幸なことに、父親@47歳トワイライト敵役と同姓同名「ビリー・ブラック」だった。
娘@15歳
「パパは吸血鬼人生を邪魔する悪者よ!名前も同じだし!」(バカだ)
と、“吸血仲間”たちに殺人を頼みまくるがさすがにみんな尻込み。けっきょくSNSの吸血鬼コミュで知り合った男友だち@17歳「まかせとけ」と快諾大バカだ)
悪者パパだっての)退治して(殺して)しまったんである。
  
そんな4歳児以下な理屈がリアル世界で通じるはずもなく、2人とも逮捕
   
merrylandmurder_2.jpg“魔性のバカ女”
   
娘@15歳は、未成年扱いされず第一級殺人で有罪となった。
   
   

彼氏かばう、桃寿しゃべる
   
  
さて、2003年大阪2005年静岡、2つの事件の犯人たちも、夢の世界から引き戻され、やらかした罪と向き合うことになった。
   
   
ところでいくつか載せた桃寿のサイト画面(黒地)はミラーサイトのもので、削除されたオリジナルとは見た目が実は違う。どっかにないかと探してたら一部見つかったので改めて貼っておいたりする。

桃寿サイトオリジ2 オリジ画面は白地でずいぶん雰囲気も違うんである。
   
   
逮捕されたゴスロリ彼氏桃寿はそれぞれ取り調べを受けた。
  
はじめ、2人とも反省の言葉はなかった。
  
彼氏は、「何もかも嫌になって死のうと思ったけれど、一人で死ぬのが怖くて家族を道連れにしようとした」「どうせ死ぬなら人を殺してみたかった。家族ならやりやすいから」と話した。
  
だが一緒に捕まった桃寿のことは「逃避行に誘っただけだ」と、男気のつもりなのか、恋人を庇うような曖昧なことばかりだった。
  
が、彼氏の男気もむなしく、桃寿本人は事件との関わりをぺらぺらと隠すこともなくしゃべりまくっていた。

冗舌な桃寿。反対に彼氏の取り調べは荒れた。
供述書を見せられた彼氏は、

「僕の言ったことをちっとも分かってない!」

激しく号泣。なぜそこで泣く。しかも号泣なぜ。
彼氏はとにかく自分の言葉が正しく伝わることが何よりも大切なようだった。実の母親を殺した事実よりも大事らしい。
  
  
素に戻ったのはやはり桃寿が先で、「いけないことをしました」と弁護士に言うようになった。「学校に戻りたい」とも(うーん無理だな)。初めて反省らしい言葉も出た。
  
彼氏はといえば相変わらずで、計画的な犯行だとか動機については話すようになったが、反省してる様子はかけらもない。
  
事件が残虐かつ動機が異常すぎるので、2人に簡易の精神鑑定が行われた。
桃寿「えっ( ゚∀゚)、精神鑑定!?大喜びで応じた(やっぱり分かってねえな)
  
3時間たっぷり鑑定の結果、桃寿は一応「善悪の判断はできる状態」と分かった。
  
一方、彼氏はやたら興奮しまくり不安定だったので30分で鑑定は打ち切り、仕切り直しになった。
  
  
素敵な素敵な夢から醒めて
  
osaka_kasai.jpg 大阪家裁
  
  
11月20日──、
2人は検察「刑事処分相当」として送検された。
容疑は「殺人」「殺人未遂」から、強盗殺人」「強盗殺人未遂」に切り替わった。母親の財布(中身9000円)を持ち去ったのが「強盗」扱いとなった。
  
これは何を意味するかというと、「殺人」の刑期は3年以上(当時。翌年から5年以上に増量)だが、「強盗殺人」になると基本死刑無期懲役しかない。ぐンと刑が重くなるのだった。
桃寿「殺人予備」に、強盗殺人」共同正犯をつけられた。「一緒に死にたい」メールが彼氏の犯行をがっちり支えた、と重く見られた。
  
地検「検察官への逆送希望」意見書つきで大阪家裁に送った。
  
逆送とは「少年扱いせず、検察が刑事裁判に持ち込む」を意味する。
  
よく誤解されてるが、未成年は少年法でなにがなんでも守り抜かれるんではなく、悪らつな事件や反省の色なしのばやいは、家裁「おまえらは大人っぽく裁いてもらえ」と検察官に「逆送」大人っぽく裁かれる。
   
さいきんでは宮城県石巻市“男としてダッセー”@18歳が、計画的かつ自己チューで悪らつかつ殺しすぎのため「検察へ逆送」、大人っぽく裁かれることになった。
  
このパターンで実刑になると、大人っぽい人向けの特殊な少年院に入り、未成年の間だけここにいて、成人したら刑務所に移されて残る刑期を過ごすことになる。
(もし死刑のばやいは少年院にも刑務所にも行かず、“その日”まで拘置所で過ごす)

  
さて、
彼氏桃寿の本格精神鑑定を経た家裁の決定は、
  
  

≫ 続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 17:05 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【事件激情】借りてきた「絶望」。──《參》

ゴスロリカップルと女子高生
 
 
 
「おれなら完全犯罪にできる」
 
 
ゴスロリ彼氏@18歳。
(通称すらないので他に呼びようがない)


ゴスロリ彼氏桃寿@16歳は幼なじみだ。母親同士が学生時代の友だちだった。
 
彼氏は「放送機材を扱う仕事がしたい」と芸術系大学に在籍していた。

bougeidai.jpg

でも始まってまもない学生生活はうまくいってなかったらしい。彼もまたゴスロリゴスだったという話もあり)だった。
 
 
ゴスロリ男子は、

gothloiimale.jpg

ダークサイドにいっちゃった宝塚というか暗黒系マジシャンというか、もちろん基調は黒。ゴスとのちがいは可憐さや茶目っ気があることか。
ちっとパンク寄りで鎖とかレザーを多用する男子もいるし、女子と同じメンズ用スカートでキメてる子もいる。
 
もしゴスだとすると、その茶目っ気を外してレザージャケットとか鎖とか金属とかになるんだが。
 
 
ゴスはこんなかんじ。

helraiser_2.jpg
 
 
あ、失礼しました。また別の地獄方面の方でした。
 
 
こんなんである。

gothmale.jpg

まあいろいろあるが基本シザーハンズと思っとけばそうハズレてない。
 
そんな格好、さすがに美術系の大学構内でも浮くだろう。その周りものどかな田園だし。
彼氏は大学内のゴスグループ(芸大だから少しはいるのだ)に加わってて構内を黒ぐろとねり歩いていた。
 
 
もともと彼氏「目立たない大人しい子」だった。真面目すぎる、と思う人もいた。中学では剣道部に所属してたのでもやしっ子というわけではなかったろうけど。
 
真面目で大人しくて、そして閉じている子はまたゴスや精神系の闇めいた世界に引き寄せられやすい。
 
 
どうも高校時代からそっち系に踏み入っていたようで、お定まりのように、ホラー、オカルト、犯罪実録本や猟奇殺人、殺人術の本などを買い集めたり、その手の海外サイトを泳ぎ回っていた。
殺人事件の話をしては「おれなら完全犯罪にできる」と悦にいったりしていた。
 
 
手に包帯を巻いて同級生に、
「切った。血はきれいや」
と自慢したり、
「風邪薬の成分は麻薬と同じ効き目があるんや」
と大量の風邪薬を持ち歩いてメモった成分表を見せびらかしたりした。

drg.jpg
 
 
まあなんつーか、アングラ気取りの、病みアピール君? 正直いって面倒くさいタイプだ。
 
彼の母親もさすがに妙だと感じてたらしく、事件直前、近所の人に、
「私の仕事が忙しくてかまってやれなかった。ふさぎ込んでいる」
「ちょっと不安定みたいで心配」
とこぼしている。
 
 
まだ桃寿が中3だった1月、彼女のサイトの掲示板に、彼が、
 
「死ぬ前に殺したい人間リストをつくった」
「高校最後の授業で、リストカット吐血を強行致しました」
「風邪薬を通常の三倍ほど飲んで床につきました」
 
なんて“武勇伝”を誇り、桃寿はそれに好意的に返信したりしてたから、そもそも波長が合ってたようだ。
 
 
でも、2人が恋人という関係になるのは、それぞれ彼氏彼女と別れてまもない9月。事件の2か月前だった。
 
 

≫ 続きを読む

関連記事

| 事件激情 | 15:48 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【事件激情】借りてきた「絶望」。──貳

ゴスロリカップルと毒女子高生

goth_lolli_cpl.jpg
 
2003年つまり平成15年、111日未明、河内長野市の国道沿いの一画にある住宅地──。
 
おーワ士の誕生日ではないか。まったく関係ないが。
 
午前2時15分──。
119番の通報が入った。
電話があったのは、会社員@46歳の自宅。
 
「息子がいきなり切りつけてきた」
 
救急車が国道近くの民家に駆けつけると、そこには凄惨きわまる光景が広がっていた──。
 
 
 
ミスドで家族全滅計画
 
 
ゴスロリカップルも、毒殺女子高生も、住んでいる所は郊外。それも都市圏ぎりぎりのもうちょっとで山、という限界郊外。
 
ゴスロリ彼女@16歳こと「桃寿(ももじゅ)」。
南河内郡河南町の山すそをデベロッパーが切り開いた整然清潔な新興住宅地の一軒。

skrzk_3.jpg
 
住宅地は山城型で“下界”の農村的コミュニティとはまったくつながりがない。
両親とも教師、妹、祖母がいる。
 
 
ゴスロリ彼氏@18歳。
河南町から10kmほど、河内長野市の国道沿い。やや古めの住宅地。

svkwchngn_3.jpg(google ストリートビューより)

周りはやや年季の入った民家や倉庫や工場がひしめいているのに、なぜかそこだけガーデニングなんかもしちゃってお洒落っぽい実家に住んでいた。
両親@46歳&43歳は共働き、弟@14歳
 
 
彼氏は最寄りの近鉄長野線の河内長野駅(郊外の駅前の例に漏れず微妙にさびれている)から田園地帯を走る電車に揺られて、芸術系の大学に通っていた。
 
高校生の桃寿はバスに25分乗って富田林駅まで出て、さらに電車で45分かけて大阪市内の進学校に通学していた。
 
tondahayashi.jpg
 
この富田林駅が2人の中間点で、駅やミスドやバス停で2人が「おでこをくっつけて、いちゃついてる」のを中学の同窓生たちが何度も目撃している。
 
いちゃついてただけでなく、そのとき2人は「ハロウィーンに決行」すべく、それぞれの家族全滅計画を話し合っていたのだが。
 
 
 
田んぼの中の毒殺魔の家
 
 
一方、毒殺女子高生タリウムたん@16歳のいた伊豆の国市
 
駿河湾沿岸都市圏の南の外れ、やはり辺境限界だ。南へ少し行くともう山また山。
 
伊豆の国市は、2005年4月、3つの町が合併して生まれた。
誕生から半年も経たないうちに、この奇妙な名前の市は、「毒殺女子高生なる不本意すぎる形で名を轟かせてしまったが。
 
 
タリウムたんの暮らしていたのは、これまたよく見かける光景。

izunokuni_city.jpg

田んぼを売ったり息子の代で農家をやめたりして戸建てが虫食い的に増えていき、気づいたらなんとなーく住宅多めになってました的な地域。
 
彼女はここから市内の進学校に通っていた。
 
 
この3パターンで日本の郊外の大半が当てはまるんじゃなかろうか。
ワ士は何百回とこれと似たようなのっぺりした風景を見たぞ。
 
なにもメガ団地ばかりが郊外ではない。
じつは都市よりも田舎よりもこういう中途半端な「郊外」で生活する人口がいっちばん多いはずだ。
 
田舎でも都市でもない、地域色もない、なにもかも中庸な場所。
 
 
親世代の大人たちにとっちゃ、苦労して手に入れた夢(とローン)のマイホーム。人生のゴール。
 
でもそこで成長する子どもたちは?
 
思春期に多かれ少なかれ抱える「自分は他とは違う症候群」とくに強い子たちの眼にはどう映る?
 
darksky.jpg
 
ゴスロリな2人も、タリウムたんも、まさにそんな少年少女たちだ。
 
 

≫ 続きを読む

関連記事

| 事件激情 | 04:02 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT