≫ EDIT

【事件激情】ハラハラクロック!15発目【連続企業爆破】

tocontents18.gif h15title14発目へと戻る18 h登場人物h20 
h連続企業爆破事件関連年表h22 


さて、

h15手配ポスター1s200 
警視庁三井物産館内爆破事件の容疑者」のモンタージュ写真を公表。
ポスターにして張り出したり、報道に出したり大々的に通報をつのっている。

が、そのモンタージュ写真というのが──


h15titleハラハラクロック!449 

警視庁公安部による捜査は、
公になった記録や被告の手記などからだいたい事実に即してる。

「爆弾本部」も実在した部局である。
が、文書解析班をはじめとする公安部員は、
架空の人物であり、例によってソースは妄想である。

また東アジア反日武装戦線のうち何人かは、
もはや真実を語ることができない。
彼らの会話や思考の多くも創作である。



これがみごとに東ア反日武装戦線の誰っっっっにも清々しいほど似てない手配写真。
というか、三井物産実行犯は男じゃなくてニセOL由紀子なんだし。

この「ぎょろ目、長髪、ヒゲの若者」のモンタージュ、
公安部があえてつくった、“似てない手配写真”なんである。

h15土田総監インタビュー1s210 
土田警視総監もテレビの取材に対して、

黒ヘルアナーキストは全国で約3000人いますが、グループは数人から30人程度です。すべてのグループを調べるには時間がかかります」

なんも知らんような発言をしていた。

爆破犯たちに、よもや当局のかぎ爪が肉薄中とは思わせないため、
あさっての方角へと捜査が迷走してるよう見せかけてたんである。


一方、爆弾本部による“ガチな方”の捜査は、
重点監視対象7名+2名にしぼって24時間監視中。

h15夜歩く女1s200 
新たに編成された監視班「六本木」もまた、
黙々と亀戸メガネ男子女子を監視中。

h15由紀子洗濯物干し180 
2人は今年1月から亀戸ツバタマンションに入居。
契約は浴田由紀子の名義。本籍は山口県長門市

山口県警公安課が照会すると、“浴田由紀子”という女性はたしかに実在していて、亀戸浴田由紀子と同一人物の模様。

が、浴田一族に「敬」という名の男はいない。
同居人の浴田敬、まずまちがいなく偽名だろう。

h15ウエイター1sh180 
浴田敬亀戸から片道1時間半とずいぶん離れた調布駅前の喫茶店でウエイター

h15臨床検査技師2sh180 
浴田由紀子臨床検査技師

ウエイター臨床検査技師
ふつうなら出会う機会もほとんどなさそげな職種の2人だ。

でもこの時代、生活圏や士農工商にとらわれない接点がある。
新左翼運動
という出会いの場が。


彼ら男女7人に共通の奇妙な行動パターン。

h15あや子街灯下1s220 外出してもまっすぐ目的地には行かず、
必ずふらふら行きつ h15駅階段昇るh190 戻りつ遠回りして。
毎度毎度習慣づいてるようで。h15夜空き地歩く1sh210 
明らかに尾行を h15周り気にして帰宅1s180 
警戒してるのだった。

h15刑事やっちまった1s200 
おかげで監視チームは何度も尾行をまかれて何度も恥かくんだが。

でも公安からすれば「こういうのこそ怪しい」

だってふつうの生活してたらそんな面倒くせえことする意味ないし。
>彼らはふつうの会社員じゃない確定。

大道寺たちの偽装生活は、世間の過激派イメージを逆手にとった巧妙な手口だったが、
いざ見つけ出されたら、その用心が逆効果となって
普通じゃない感を際立たせるんである。


そして今夜──

h15おやっさん1s200 
「六本木」は、いつもと違う人物を亀戸に連れてきている。

≫ 続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 22:17 | comments:1 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |