≫ EDIT

【事件激情】サティアンズ 第十一解【地下鉄サリン事件】

title前解へ戻る39  title目次へ39  s00主な登場人物01


オウムの子供たちがもし危険だとすると、
その危険な子供たちを産んだのはこの社会です、この家族です。
なんでそのことに気がつかないのか、わかんない。
それぐらい彼らは鈍感だと思います。
だから子供の側からすると、そういう奴らは殺してもしょうがない

(そういう奴ら?)

江川紹子に代表される連中ですよ」


──山崎哲@劇作家『宝島30』9月号




s0hサティアンズタイトル 

オウム真理教による犯行の経緯、警察の捜査は、原則公開された情報にもとづく。
ただし丸メガネの女はじめこの色で示されている人物は、架空の警察官であり、
実在する警察官彼女らの関わりは、創作全開ソースは妄想である。



s11cpt怪文書

s11警視庁 
警視庁

s11走る渋谷011 
警部!」

s11警視どのが逮捕 
警視どのが逮捕されたって本当ですか!」

「なんでみんなおれのとこに来るんだ!」

s11さっきはさnew 
「さっきは佐々さんからお怒りの電話だ。なんでマリモの世話をさせられるのだとかテレビタレントとはなにごとだとか二酸化炭素はどれくらい与えるのが適量なのだとか、知るかマリモの生態なんて! おれはあいつの保護者じゃないんだ」

「きっとオウムの差し金です!」

s11そんなわけないだろ011 
「そんなわけないだろ。いいか渋谷
あいつの身柄を押さえたのは、うちの警務部人事1課だ。あいつはサッチョウ出向中の、しかもチヨダにいる警視だぞ。ふつう警視庁監察風情が乗り込んで拘束するなんて横紙破りできるもんじゃない。

この一件にはサッチョウのずっと上の方の意志が働いてるんだ。あいつはオウムにとらわれるあまり視野狭窄に陥った。警察の一員として一線を越えたんだ」

s11警視どのを奪還 
警視どのを奪還しましょう!」
「できるかバカもん。もうおれはやつとは縁を切った。
おまえもこの件からは距離を置け、火傷するだけだぞ」

警視どのを見捨てるんですか! 見損ないました、警部!」
「あいつは強いしずる賢い。おれたちがいなくても勝手にやるだろ」

s11なにを見てたんだ 
警視どのは、ぜんぜん強い人じゃないですよ!
警部はぼくよりずっと長くそばにいたのに、なにを見てたんだ──ですか!」

「おい、渋谷、待──」

s11くそ02 
「くそ」


白鳥警視、君があまり非協力的だと、君の友人にも迷惑がかかるのだが。

公安1課本富士署に君と親しい人物がいるだろう」

s11わたしがいnew 
「わたしが違反を認めないと、彼らも“警務部の管理下”に置かれると?」
「必要ならばそれもあり得るということだ」
「いやらしくわたしの痛いところを突っつきますね。監察官の鏡ですよ」

s11じゃみとめnew 
「じゃ認めてあげます。調書は適当に書いといてください。サインするんで」
「え…、あ、はい」(…こいつはなぜこんな立場でこんな高飛車なのだ)


9月のいつからか──

ある怪文書が、警察マスコミの間でじわじわ広がった。
何者かが各所にファクスしたのがはじまり。

作者は「HtoH&T.K

≫ 続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 05:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |