≫ EDIT

【事件激情】ハラハラクロック!8発目【連続企業爆破】

tocontents18.gif h8title7発目へと戻る18  h登場人物h20 


表現者権力側から表現してはいけない(怒)

──若松孝二@『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』監督
──>「突入せよ!『あさま山荘』事件」映画化に激怒して


ふざけるな。彼らはまじめに革命を起こそうとしていたんだ。
ああいう描き方をするな(怒)

──若松孝二>熊切和嘉@『鬼畜大宴会』監督@'75年生に面と向かって

───────────────────鬼畜大宴会 - goo 映画


「あのータカサワさん」

h080100220.jpg 
「私、経験がない初心者なんですけど、私のような者でも闘えるでしょうか」

初対面で浴田由紀子@「大地の牙」の口から出た最初の言葉がそれ。

「え、はあ」
タカサワ@大道寺将司@「狼」、めんくらってます。

h080200220_20120107230953.jpg 
正直(おいおい大丈夫かこの女? なんでこんなのが来るの?)と思ったけども、
「まあダメだね、向いてないよ」とも言えないんで、

「あー、えーと大丈夫ですよ」無難にごまかす。

「狼」「大地の牙」の連絡役は、
もともと友だち同士の佐々木規夫─斎藤和Wメガネ男子でやってたんだが、
2人とも他メンに比べて大っぴらに政治活動やってたこともあるんで、
あまり大っぴらに会ってると公安デカに目を付けられるだろ、
なので、

h08030200.jpg 
そういう心配のうすい大道寺将司浴田由紀子が会うことにしたんである。

例によってお互いコードネームしか知らない。スパイ映画ぽくて格好いいんである。
大道寺「タカサワ」由紀子「ミヤタ」

で、この浴田由紀子。
彼女こそ、連続企業爆破の醸し出すびみょーなる場違い感の象徴みたいなもんで。

事件激情的に連合赤軍よりも日本赤軍よりも、
東アジア以下略が引っかかったのは彼女の存在があったからで。

なんというか、彼女をひと言で言い表すと──

≫ 続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

| 事件激情 | 20:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【事件激情】ハラハラクロック!4発目【連続企業爆破】

tocontents18.gif h4title3発目へと戻る18  h登場人物h20 


爆破、殺傷の対象を限定し、
無用な巻きぞえなどの犠牲を出さないように
作戦上配慮しなければならない

──腹腹時計 vol.1 第2章「展開」より



title_haraharaclock020400.jpg  

警視庁公安部による捜査の一部は仮想にして創作である。
また東アジア反日武装戦線のうち何人かは、
もう真実はどうだったかを語ることができない。一部の会話や思考は創作である。



呉越同舟とはこういうことさ

h040010220.jpg 
人海戦術で拾い集めた2370点の遺留品は、深川射撃訓練場に運び込まれて、鑑識課捜査1課の応援で125名がせっせと仕分け中。

爆薬はまだ種類が特定できませんが、これまでの爆弾とはケタ違いの破壊力です」

爆心には30cmの穴。被害範囲200m四方

陸上自衛隊によりますと、道路破壊用20ポンド爆弾より強力で、おおよそダイナマイト10キロ、700本相当の威力ということです」

h0402020220.jpg 
31日時限装置の残骸を発見。
向かいの三菱電機ビルの屋上まで飛ばされていた。

h040030220.jpg 
時計の目安針、ねじ、ゼンマイ>市販のトラベルウォッチ
ナショナル製ハイトップ積層乾電池、ビニールコード、爆薬容器らしい破片

h060rrrr.jpg 
起爆には電気雷管を使用したらしい。
電気雷管は売るのも買うのも免許がいるし所持も譲渡も厳しい制限がある、
そして罪も刑法よりずっと重い。

h060ioqq170.png 
盗んだものや購入された製品ではなく、自製。
電気雷管つくるのは難しい。
それができる、となると非常に厄介な。


爆弾の目撃証言」

爆発15分くらい前ビル警備員フラワーポット横にあったのを見た。

ha02030220pail2.jpg 
そこに似たようなフィルム缶が置いてあることは珍しくないため、
警備員も「不審に思わなかった」

別の警備員清掃係によると、「昼休み前はなかった」
置かれたのは>警備員に見られるまでの正午頃からの約30分間
そのあいだの目撃者を捜し出せ。

予告電話

爆発5分前三菱重工ビルの交換台に若い男の声予告電話があった。

ha02050200.jpg 
“東アジア反日武装戦線”と名乗りました」

≫ 続きを読む

関連記事

| 事件激情 | 00:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |